iCompassリモートPC2 iCompassリモートPC2

iCompassリモートPC2繁忙期応援キャンペーン

iCompassリモートPCとは

インターネットにつながるところならいつでも!どこでも!

iCompassリモートPC2は、パソコンはもちろん、タブレットやスマートフォンのブラウザーや専用アプリケーションを通してオフィスのパソコンをリモートコントロールすることができるツール。出張先、訪問先などいつでもどこでも、まるでオフィスにいるような感覚で仕事ができます。

Powered by RSUPPORT

iCompassリモートPC2は、RSUPPORT社のRemoteView ASP Enterprise上でサービスを提供しています。

特長

迅速なスピードと安定したリモートコントロール

リモートPC(接続されるパソコン)とクライアントPC(接続するパソコン)は、独自の技術により高速で安定した接続が可能です。

多様なブラウザーに対応

インターネットが利用可能であれば、どこからでもウェブブラウザーをとおして自分のパソコンに接続することができます。インターネットエクスプローラーだけでなくFirefox、Safari、Chromeなどのブラウザーからもリモートコントロールを行うことができます。

どんなネットワーク環境でもコントロール可能

リモートPCのネットワークは固定IPアドレス環境、DHCP環境、ファイアーウォールが設置された環境にも対応します。プロキシサーバー経由の接続にも対応しており、セキュリティが強化されたネットワーク環境でも利用することができます。

※インターネットが利用できない、あるいは、遮断されたネットワーク環境ではサービスをご利用になれません。

いつでもどこでもモバイル端末から遠隔制御

iPhone、iPad、Androidのモバイル端末、タブレット端末からいつでもどこでもパソコンを制御、管理することができます。

便利なファイル送信

リモートPCから、ファイルを簡単・セキュアに取り込むことができます。ファイルを添付したメールや他のファイル転送サービスを使う必要はありません。クリップボードを利用してドキュメントの内容またはインターネットアドレスなどのテキストをお互いに共有することができます。

簡単なパソコン管理

一度に複数のパソコンを管理することができます。ログオフ、システム再起動、システム終了などの制御のほか、プロセスリストを見て指定したプロセスを終了・実行することができます。接続ログや統計情報など、システム管理者のための管理機能を搭載しています。

強力なネットワークセキュリティ

二重ログイン認証によりセキュリティを強化しています。リモートPCとクライアントPC間にSSL(Secure Socket Layer)通信※1を適用して相互通信されるデータに AES(Advanced Encryption Standard) 256ビット標準暗号化※2処理をします。リモートPCごとに接続可能なクライアントPCを制限したり、許可したIPまたはIP帯域からのみ接続を許可することができます。
※1 インターネット上で送受信するデータを暗号化する技術。プライバシーに関わる情報やクレジットカード番号の送受信に多く使われています。
※2 米国商務省標準技術局(NIST)によって制定された、米国政府の新世代標準暗号化方式です。

このページの先頭へ▲