Menu

ストレス
チェック制度
とは?

労働者のメンタルヘルス不調を
未然に防止するために
職場におけるストレス要因を評価し、
職場環境の改善につなげる制度

菊川玲

「労働安全衛生法」(職場における労働者の安全と健康を守り、労働災害を防止することを目的とする法律)の-部が改正され、企業にとって、職場のメンタルヘルス対策としてストレスチェックの実施が義務となりました。
従業員のメンタルヘルスの不調を未然に防ぐことを目的とし、専門家(医師、保健師など)によるストレスチェックを年1回行うことが義務付けられます。
平成27年12月1日より施行予定で、従業員50人以上の全ての事業所が対象となります。
(従業員数50人未満の事業場は、当分の間努力義務となります)

義務1ストレスチェック

image
50名以上の事業場について全従業員へのストレスチェックの実施

義務2医師面接

image
高ストレス状態かつ申し出を行った従業員への医師面接

義務3就業上の処置

image
医師面接後、医師の意見を踏まえて必要に応じた就業上の処置
努力義務 ストレスチェックの集団分析およびその結果を踏まえた職場環境改善
ストレスチェック実施だけでなくメンタル不調の予防が真の目的

企業に
求められる
対応

就業管理や人事管理のシステムと連携した
ストレスチェックの体制作りが必要

菊川玲

ストレスチェックはチェック自体が目的ではなく、それによって職場環境を改善することが目的なので、ストレスチェック自体の仕組みに加えて、その結果をふまえた「個人へのケア」や「組織(職場環境)の改善」につなげるための仕組みや、さらには改善内容を職場に反映させ検証するための「就業管理」や「人事管理」のシステムとの連携も必要です。

就業管理・人事管理と連携したストレスチェック体制

ストレスチェック体制

職場環境の改善のためには

ストレスチェックの仕組みの導入に加え、就業管理システムとの連携が必須

MJSのメンタルヘルス対策ソリューション

MJSではストレスチェックを含めた、メンタルヘルス対策ソリューションをご提供しております。
ストレスチェックの仕組みはもちろんのこと、これを機に就業管理システムや人事給与管理システムの見直しも合わせてご検討されてはいかがでしょうか。

菊川玲

icon

1製品紹介ストレス
チェック

アドバンテッジ タフネス Standard

法制化に対応したストレスチェックの実施から面接指導まで
オールインワンでサポート

菊川玲

アドバンテッジタフネスはストレスチェックの実施、面接やカウンセリングなどの個人のケア、組織改善まで、企業が求められている対策について網羅的に対応した、ストレスチェック義務化対応サービスです。※アドバンテッジタフネスは「株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント」が提供するサービスです

アドバンテッジ タフネス Standardの全体像

アドバンテッジタフネスStandardの全体像

※対面面接は全国38都道府県にて、その他の地域は顔の見えるインターネット電話を介して実施

パッケージ内容

1.ストレスチェック

image

メンタフCheck Standard (110問)

厚労省の推奨設問の「ストレス反応」だけでなく、「ストレス耐性」「エンゲージメント」「ハラスメント」等付加し、従業員のストレス状態を網羅的に把握。

2.個人のケア

image

医師面接・カウンセリング eラーニング・Web研修

高ストレス者にはカウンセリングや医師面接など適切なケアを。セルフケアとしてeラーニング等でストレス耐性強化を図れる。

3.組織改善

image

組織診断レポート

組織診断によって、組織ごとの課題を「見える化」。組織活性化のための対策例を掲載した施策集もご提供。

1.ストレスチェック

職業性ストレス簡易調査票(57項目)に加え、NIOSH職業性ストレスモデルに提示される領域までをカバーしたストレスチェックです。
*NIOSH:米国立労働安全衛生研究所

メンタフチェック回答画面・結果画面

sample回答 sample評価結果

2.個人のケア

テストの結果、高ストレス者と判定された従業員にはカウンセリングや医師面接など適切なケアを行います。
また、eラーニングなどのセルフケアによってストレス耐性の強化を支援します。
メンタルに詳しい産業医資格を有した医師との面接をサポートします。
 

医師面接

image

メンタルに詳しい産業医資格を有した医師との面接をサポートします。

カウンセリング

image

面談、電話、eメールなど幅広い方法でカウンセリングを受けることができます。
相談者が利用したいときに利用することができます。

eラーニング

image

テストの結果で明らかになった、各自の個人的な要因の要改善項目をWeb上で学習することができる、「自分専用eラーニング」です。

3.組織改善

テストの結果をこれまでの膨大なデータと合わせて分析することにより、企業が組織(職場環境)の改善のために優先的に取り組むべき課題が判明します。

sample組織改善表

2製品紹介就業管理

勤次郎 労務環境改善システム

メンタル不調者のフォローアップまでを一元管理

菊川玲

会社の社員の就業(勤怠)状況を把握して管理するシステムです。
社員の就業状況を把握することで、業務過多などによるストレスの発生を未然に防ぐことができます。
また、勤怠管理のデータを利用してメンタル不調の予防対象者を自動抽出することができ、ストレスチェック診断と併せたメンタルヘルスケア対策をすることができます。

sample事業者労働環境の改善、ケアシステムのよるストレス要因抽出
  • (※1)抽出された対象者が必ずしもメンタルヘルス不調者ではない(第一次予防領域)
  • (※2)ストレスによる変調が見られなかった場合は、ワークライフバランス推進の取り組みを実施
    ストレスによる変調が見られた場合は、状態に合わせたストレスチェックを実施(3.ストレスチェック)(第二次予防領域)
  • (※3)専門医と企業が一体となってワークライフバランス、復帰支援への取り組みを実施(第三次予防領域)

3製品紹介人事給与
管理

MJSLINK NX-1

ストレスチェックの実施履歴を蓄積して検査結果等報告書を出力

菊川玲

法改正に迅速に対応し、給与計算から年末調整まで効率的に行うことができる人事給与管理システムです。
人事と給与の一体型のデータベース構造が特徴で、ストレスチェックの実施履歴を含め、社員のスキルや資格、社内経歴、人事考課情報などを蓄積し、検査結果等報告書(*)の出力ができます。
就業管理システムや年末調整申告支援システムなどとのデータ連携はもちろん、エクセルとの親和性も高く、さまざまな給与・人事情報をインポート/エクスボートできます。
*心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書

MJSLINK NX-1の就業管理・勤怠管理データ連携

MJSについて

ミロク情報サービスは「財務および経営情報サービスの専門企業」として40年の実績を積み上げてきた財務のプロです。

 

財務システムの販売だけでなく、情報セキュリティや災害対策などを含め、システムが正常に機能し業務改善する環境づくりを総合的に支援しております。

  • 財務システムの導入実績
  • 企業17,000件
  • 会計事務所8,400件
  • *1 株式会社ミック経済研究所「期間業務パッケージソフトの市場展望(2010/2011/2012/2013/2014/2015/2016年度版)」より。年商5~50億円の中規模企業におけるERPシステムの出荷金額ベースに基づく。
  • *2 2009~2015年中堅・中小企業向け(年商50億円未満)財務・会計管理ソリューションライセンス売上高 エンドユーザ渡し価格ベース 株式会社矢野経済研究所調べ 2015年12月現在

具体的な検討前でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
菊川玲
MJS財務と経営システムのリーディングカンパニー 株式会社ミロク情報サービス

このページの先頭へ▲