業務に大きな影響!マイナンバー制度(社会保障・税番号制度) 2016年1月スタート

お問い合わせ

セキュリティなど周辺対策「業務面にばかり意識が向きがちだが、セキュリティ面での対応も必須」

マイナンバー制度への対応というと、まずは組織体制や業務システムの構築に意識が向いてしまうことが多いですが、これまでよりもさらに重要性が高まる個人情報に対して、それを扱うハードウェア、ソフトウェアおよびそれらの運用において、情報漏えいなどのリスクに備えた十分な情報セキュリティ対策を行うことも求められています。ここでは情報システムに対する「ITセキュリティ対策」、物理的なリスクに対する「オフィスセキュリティ対策」、マイナンバーの管理に必要な帳票などの「マイナンバー管理商品」をご紹介します。

以下の3つの製品を導入することで、ガイドラインの情報システム関連項目で求められている「不正アクセス防止」、「ウイルス対策」、「IT機器の運用監視」への対応を簡単に行うことができます。

  • ファイアウォール

  • ウイルス対策

  • IT運用監視

導入イメージ
Fortigate:「外部からの不正アクセス対策」ファイヤーウォール、アンチウイルス、IPS、アンチスパムなど多様な脅威に対処するネットワークの門番。
SOX BOX NX:「情報漏えい対策・IT運用監視」PCの操作を監視し、データの持ち出しや不正な接続履歴を防ぐ。
Symantec Endpoint Protection:「ウイルス対策」社内から侵入するウイルスを監視し駆除するウイルス対策ソフト。

MJSならセキュリティ対応と給与、税務システムなどと「マイナンバー管理システム」を組み合わせた構成で
安心したマイナンバー管理をご提案いたします。

お問い合わせ

このページの先頭へ▲