中小企業投資促進税制

中小企業投資促進税制および上乗せ措置(生産性向上設備投資促進税制)のご案内

中小企業投資促進税制が3年延長(平成29年3月31日まで)となりました。さらに、上乗せ措置(平成26年1月20日~)が追加されました。 中小企業を対象とした税制上の優遇措置ですので、ぜひともこの機会にご活用ください。

改正税制の概要

■対象事業者
青色申告書を提出する中小企業者等、または従業員1,000名以下の個人の青色申告者
※中小企業者→資本又は出資の額が1億円以下の法人(大規模法人の子会社は除く)
■対象の投資
ソフトウェア、サーバー等
※金額要件等一定の条件を満たす必要があります。
■取得価額要件例
①中小企業投資促進税制
 ・ソフトウェア:複数合計70万円以上
 ・電子計算機:複数台計120万円以上
②上乗せ措置
 ・ソフトウェア:単品70万円以上(単品30万円以上かつ複数合計70万円以上を含む)
 ・電子計算機:1台120万円以上(1台30万円以上かつ複数台計120万円以上を含む)
■特例措置の内容

対象となるMJS商品

■投資促進税制の対象製品
『Galileopt NX-Ⅰ』、『MJSLINK NX-Ⅰ』、『ACELINK NX-CE』等、MJSが提供する業務ソフトウェアのほぼすべてが対象となります。
■上乗せ措置の対象製品
次の3製品が対象となります。(情報サービス産業協会(JISA)の事前承認済み)

注1)税務申告時に証明書が必要となります。余裕をもって弊社に証明書の発行を申請してください。
注2)『ACELINK NX-CE』につきましては、特例措置のうち特別償却は選択できません。

税額控除例

資本金が3,000万円以下の企業様を例にとります。
①『MJSLINK NX-Ⅰ財務大将』を取得したケース
 1,400,000円(取得価額)×7%=98,000円
②『MJSLINK NX-Ⅰ販売大将』を取得したケース
 1,120,000円(取得価額)×10%=112,000円

※税額控除額は、当該事業年度の法人税額の20%が限度となります。

参考資料

中小企業庁 中小企業投資促進税制
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2014/tyuusyoukigyoutousisokusinzeisei.htm

このページの先頭へ▲