導入事例

[導入事例]株式会社ミルボン様

  • ユーザー数
  • 業種
  • 利用分野
  • 業務改善や機能強化を図るべく
    新たな財務会計基盤の構築を検討
  • 月次の締めは最短1日で完了
  • 取引先に応じて柔軟な支払対応
  • 権限管理機能で内部統制強化を実現

導入の背景 契約更新に合わせた財務会計基盤の強化へ

 サロン専門のヘアケア用剤や染毛剤、パーマネントウェーブ用剤など、ヘアデザイナーを通じて美しい髪を創る分野に絞り込んだ事業を展開している株式会社ミルボン。2010年に創立50周年を迎えた同社は、美容室が抱える課題への対処法を提案することで事業拡大を共に目指す「フィールドパーソン戦略」をはじめ、ヘアデザイナーと協働しながら商品開発を進める「TAC(Target Authority Customer)製品開発システム」、成長している美容室や製品に活動を集約する「ミルボンサロン制度」など、独自の戦略を武器に豊富な商品アイテムを市場に投入している。現在、美容業界においてはトップシェアを誇っており、一方では美容師の技術を共有し高め合うイベントを開催するなど、美容業界全体から市場を活性化する活動にも余念がない。
 そんな同社が財務会計システムの入れ替えを行ったのが2011年10月、保守契約更新のタイミングを迎えたことで、業務改善や機能強化を図るべく財務会計システムの刷新プロジェクトをスタートさせた。「保守契約の更新がきっかけとなり、IFRS対応や連結決算の仕組みも視野に入れながら新たな財務会計基盤の構築を検討し始めました」と管理部 経理課 課長の筒井 敏彦氏は当時を振り返る。

導入のポイント 税務に強い国産システムの魅力と使い勝手の良さ

筒井 氏

 財務会計システムの更新を検討するにあたり、帳票の見やすさや使い勝手の良さを重視したと語るのは同課 課長代理の岡本 征彦氏だ。「経理部門だけでなく、各拠点の担当者などに伝票入力をお願いしていることもあり、使い勝手の良い製品が何よりも求められました」。そこで、複数の製品の中から選定を行い、中でも評価が高かったのがミロク情報サービスのMJSLINK II財務大将だった。「きちんと罫線が表示されており、帳票が見やすいというのは現場から評価が高かったポイントです。また、支払先ごとに画面を切り替える必要がないなど、業務を止めることなくスムーズに入力できるところが使いやすさに繋がっています」。
岡本 氏  また、特に同社がこだわったのは、日本の税務に強い国産パッケージだった。「海外製のERPパッケージを検討したこともありましたが、既存の運用を踏襲しようとするとマスタ整備に時間がかかり、重くてシステムが動かないことも。アドオンでの開発も必要になり、結局導入を諦めた経緯があります。また、税務申告には別のパッケージを使わざるを得ないなど、日本の商習慣に合わないこともネックでした」と岡本氏。その点、申告システムを持っているMJSLINK IIであれば、滞りなく税務業務を行うことが可能となる。
 他にも、新たな機能がバージョンアップで追加されるため、パッケージのまま機能だけが増えていくところも岡本氏は選定のポイントに上げている。「標準機能としてパッケージに新しい機能が追加されていくため、システムの安定性は維持されながらも開発費用が一切かかりません。保守費用だけで様々な機能が使えるようになるのは大変ありがたい」。
 これらの点が考慮され、同社の財務会計基盤を支えるインフラとしてMJSLINK IIが採用されることになる。

導入のプロセス 分散入力を実現しながら現場の業務負荷を軽減

 ミロク情報サービスとの取引はすでに20年以上前から続いており、1990年に導入した「財務大将」を皮切りに「財務大将 II」「MICSNET」「MJSLINK」を経て、2011年10月には「MJSLINK II」へとアップグレードを行っている。現在利用されている機能は、メインとなる財務をはじめ、支払管理や固定資産管理、リース管理、手形管理などの機能が含まれており、電子申告の仕組みなども装備している。
 システム的にはデータセンター側にMJSLINK IIのサーバが置かれ、経理部門及び各拠点には仮想化技術(Citrix XenAPP)を用いて画面転送が行われている。情報資産を集中管理することでリスク及び運用負荷の軽減を実現している。
 また、MJSLINKのころから分散入力を採用し、通常の取引については各拠点の担当者が伝票入力を行い、経費精算業務についてはワークフローを、承認ルートが複雑な一部の伝票についてはOCR伝票を併用するなど、業務に合わせた効率的な運用を行っている。「分散入力を採用したことで、各拠点の伝票起票もれがなくなりました。また、伝票入力画面に各項目が自動的に記載され、各拠点の担当者は金額の入力だけで済みます。業務を増やすことなく作業できるような工夫も行っています」と岡本氏。

導入の効果 内部統制の強化に貢献!経理部門に最適な管理会計

活用風景

 現在は、入出金業務や支払業務などをはじめ、売掛金回収や手形処理、ワークフローによる経費・旅費精算に関連した支払業務など、MJSLINK IIを活用しながら、様々な業務を行っている。特に、月次決算や四半期決算を迅速に行うためにMJSLINK IIは欠かせない。「現場での入力が定着したことで、月次の締めは最短1日で終わらせることができるようになりました。仕訳件数は数年前から比べて1.5倍あまりに膨らんでいますが、以前と変わらない人員のまま決算業務を行うことが可能となっています」と筒井氏。
 また、以前は20日締めの翌月15日払いという固定パターンでしか運用していなかった支払業務も、今では取引先に応じて柔軟に対応できるようになっている。簡単な設定を行うだけで、煩雑な支払業務もスムーズに行うことができ、人員を増やすことなく業務のバリエーションを拡張することに成功している。「ITに詳しくない人でも簡単な設定だけで業務拡張が可能です。リテラシーの差を吸収してくれる便利なツールと言えます」。
 さらに、今回新たに強化できたのは内部統制への対応だ。筒井氏は「役職に応じて表示内容が詳細にコントロールできるため、閲覧するだけの人には削除ボタンや修正ボタンを非表示にすることが可能です。画面制御の機能が付加されたおかげで、リスク軽減に大きく貢献し、内部統制の強化を実現しています」と評価する。
 管理会計など非会計データを含めた資料の作成も容易に行えると岡本氏は評価している。「管理会計用のデータを作る際には、経理担当者が扱いやすい仕訳という形で入力することができます。会計データと非会計データをミックスさせて管理帳票を出力することも可能なため、管理部門にとってはありがたい機能です」。
 ミロク情報サービスへの評価については、「仕組みとして非常に安定しているだけでなく、入れ替え時の作業には徹夜で立ち会っていただけたことも。前回、MJSLINKを導入した際には、役員会議にデータを間に合わせるため、わずか1週間で環境を整えていただきました。高い技術力と豊富なノウハウがあるからこそだと感謝しています」。
 また、各種研修会やセミナーなどの導入後のサポートについても評価が高い。「毎年行われる法人税改正セミナーでは、現場の経理担当者にイメージしやすいよう、具体的な事例を交えて解説していただけます」と岡本氏。

今後の展望 完全ペーパーレス化とさらなる管理会計の充実を

 今後について岡本氏は「未だシステム化されていないのは、連結決算の部分。現在はExcelで連結決算の対応を行っていますが、新たな仕組みを模索中です。実は、ミロク情報サービスさんに期待している部分でもあるのです」と語る。同様に、最適化された財務会計システムの中でも、さらなる管理会計の充実を図りたいと筒井氏。そのための提案についても心待ちにしているという。
 また、拠点によって承認フローが複雑な一部の伝票のみ、紙による運用が継続されている。この部分のペーパーレス化にも可能な限り取り組んでいきたいと抱負を語っていただいた。

UserVOICE「使いやすさ」への声

加藤 氏

株式会社 ミルボン
管理部 経理課
主任
加藤 正昭 氏

業務を止めない使いやすさ
定型業務がある場合、前月の仕訳情報をすぐに呼び出して簡単にコピーすることが可能です。科目別残高から補助別、部門別の残高もすぐに把握できます。ドリルダウンしていけば元帳形式で情報が確認できるなど、とても使いやすいインターフェースとなっています。
リアルタイムに入力内容を確認
上場していることもあり、決算情報の開示はスピード重視で行っています。そこで役立っているのが財務大将にある分散入力機能です。各拠点の担当者が入力を行うことで情報がリアルタイムに確認でき、処理の迅速化を実現しています。
システム構成図

導入企業様ご紹介

株式会社ミルボン様
  • ●所在地

    〒534-0015
    大阪府大阪市都島区善源寺町2-3-35

  • ●代表者

    代表取締役社長 佐藤 龍二

  • ●設立

    1960年

  • ●社員数

    471名(連結506名)
    ※2011年4月1日現在

  • ●主な業務

    パーマ剤、シャンプー、トリートメント、ヘアスタイリング剤、ヘアカラー、薬用発毛促進剤、パーマ用器具類の製造と販売

導入企業様ワンポイントPR
国内トップという地位に甘んじず事業のグローバル化に邁進

髪は心を映す鏡であり、美しい髪は豊かな心のシンボルです。豊かな心は文化を育み、そして平和をもたらす。そんな信念のもと、ミルボンはヘアデザイナーを通じて、美しい髪を創る分野に絞った事業を展開しています。日本だけにとどまらず「NO.1のプロフェッショナルグローバルメーカー」を目指し、日本のヘアデザイナーが持つ「精緻な技術力」と「おもてなしの心」を世界に発信していきます。

このページの先頭へ▲