過年度遡及修正

  • (1)企業会計基準第24号「会計上の変更および誤謬の訂正に関する会計基準」
    ・適用時期:
    平成23 年4 月1 日以後開始する事業年度の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正から適用。
    ・内容:
    会計基準・法令等の変更またはその他正当な理由による、自発的な会計方針の変更および表示方法の変更について、遡及適用もしくは財務諸表の組替えを行う。
    また、過去の財務諸表において誤謬が発見された場合には修正再表示を行う。
  • (2)MJSでの対応

    Galileopt NX-I財務大将にて対応。過年度遡及用の仕訳データを区分して入力する機能を実装し、修正前/修正後の両方を管理します。

    (主な機能)

    • 過年度遡及修正の採用
    • 過年度遡及用残高登録
    • 過年度遡及用伝票入力
    • 各種帳票(財務報告書、比較財務報告書 等)
主な機能

このページの先頭へ▲