減価償却

固定資産の管理

減価償却費の計算だけでなく、月別や部門別、所在地別に資産管理を行います。減価償却費は自動仕訳として会計システムに連動します。資産台帳、法人税別表、償却資産申告書の作成や減損会計に対応しています。

物件登録

資産種類

減価償却資産だけでなく、少額備品や簿外資産の一元管理が可能です。

  • 土地
  • 航空機
  • 繰延資産
  • 一括償却資産
  • 建物
  • 車両運搬具
  • 書画骨董
  • 少額備品
  • 建物付属設備
  • 工具
  • 工業所有権
  • 簿外資産
  • 構築物
  • 器具及び備品
  • 営業権
  • 機械装置
  • 生物
  • リース資産(有形)
  • 船舶
  • 無形固定資産
  • リース資産(無形)

物件メモ

物件の備忘録として、メモ情報を登録し、物件台帳に物件情報と一緒に印刷しておくことができます。
(例)●修繕日 ●修繕先 ●管理者 ●車検日 ●排気量 ●積載量 ●乗車人数 など

部門配賦

配賦パターンを事前に設定し、物件登録において各物件に配賦パターンを登録することで配賦計算を行うことができます。配賦処理後の金額は、配賦状況確認表や経費別集計表などに出力します。

減損会計処理

収益性の悪化などにより投資額が回収不能となった部分、すなわち固定資産の価値の低下した部分について、固定資産の帳簿価額を引き下げる減損会計処理に対応しています。見積った減損損失額を物件に登録し、減損後の金額に基づき会計処理を行います。
※減損損失額の見積もり(減損の兆候の判定・減損損失の認識・減損損失の測定)は対応していません。

財務連動

登録した物件の償却額は「会計システム」に月別または中間決算・本決算月へ、間接法または直接法を選択して償却費計上することができます。取得時、除却・売却時、部門移動、減損仕訳の起票にも対応しています。

構造・細目・耐用年数

資産種類ごとに構造・細目とそれぞれの耐用年数をあらかじめ登録しています。あらたに追加登録することもできます。構造・細目別の集計が可能です。

購入先・売却先

物件の購入先を登録しておくことができます。物件台帳や購入先別固定資産明細表に出力することができます。物件の除却・売却処理時に売却先を登録しておくことができます。固定資産売却益(損)の内訳表や、固定資産除却損の内訳表に出力することができます。

物件台帳

物件登録で登録した内容を物件台帳に出力します。取得日や、償却種類、該当物件、異動物件、除却物件などを指定して出力することができます。

減価償却内訳表

減価償却内訳表は、基本タイプの他、簡易形式、詳細形式、中間決算用、月別推移、一行明細型など目的に合わせて様々な様式で出力することができます。さらに、資産別、本支店別、部門別、セグメント別、所在地別、経費別に集計することが可能です。

テプラ印刷(資産ラベル印刷)

物件情報を出力し、テプラで資産貼り付け用のラベルを印刷することができます。
※パソコンリンク対応のテプラおよび「PCラベルシステムSPC9ver3.531以降」を導入しておく必要があります。

償却額予定表

今期から10期先までの資産別・本支店別・部門別・セグメント別の償却額をシミュレーションして帳票出力することができます。

経費別集計表

一般管理費、製造原価、販売費、営業外費用などの経費別に物件を分類することで、経費別の集計が可能です。

償却資産税申告書

償却資産申告の対象物件について、償却資産計算を行い、償却資産申告書や種類別明細書を印刷することができます。作成後は減価償却システム内で電子申告を行うことが可能です。

減価償却オプション

データ交換

他社ソフト、他システムでデータ作成された中間ファイルのデータを元に「減価償却」へインポートが可能です。
ACELINK NX-CE減価償却で作成したデータを中間ファイルへ抽出(エクスポート)が可能です。

リース管理

物件登録時にリース情報を登録し、リース支払及びリース債務管理を行うことができます。リース資産の管理をすることで、支払予定を立てて維持管理費を把握したり、リスクマネージメント、設備投資計画等の立案に有効活用することができます。

  • 【対応帳票】
  • リース物件台帳
  • 物件一覧表
  • 支払内訳表
  • 振替日別支払明細表
  • 取引内訳表
  • 減損管理表
  • 減価償却内訳表
  • リース債務一覧表
  • 未払い消費税一覧表
  • 法人税別表16(4)

拡張機能

セグメント管理

セグメント別の物件管理を行い、セグメント別減価償却内訳表など各種管理表を出力します。減価償却費の財務連動時にセグメント別に連動が可能です。最大5種類のセグメント管理に対応しています。

資産除去債務

適用初年度における特別損失の計算、取得時における資産除去債務・除去費用の計上、月次決算における償却額、時の経過による調整額などの自動計算を行います。資産除去債務明細書などの各種帳票を出力します。

複数簿価管理

会計上の償却計算を別途登録して会計と税務の減価償却計算を分離し申告調整の自動化をすることができます。それぞれの減価償却内訳表を出力したり、シミュレーションとしても利用できます。

社会福祉法人

社会福祉法人特有の償却計算、帳票作成に対応しています。国庫補助金等特別積立金取崩額の計算を行い、社会福祉法人の指導様式、新会計基準に合わせた帳票を出力することができます。

ACELINK NX-CE

このページの先頭へ▲