財務大将(会計)

会計事務所マーケットで高いシェアを誇るMJSが提供する財務会計モジュール。日々の業務から各種管理資料の出力や税務モジュールへのデータ連動まで、経理業務全般をカバー。人事・給与・資産・販売といった他のモジュールからシミュレーション結果を連動することで、精緻な決算予測を実現します。また、セグメント情報の開示や包括利益計算書への対応はもちろん、複数元帳への対応等、アドプションを見据えたIFRS対応機能を有しております。

財務基本

伝票入力

伝票の入力画面は、パラメータ変更によりデザイン変更が可能。ワークフローモジュールとの併用で、仕訳を意識しない申請書形式での入力や多段階での伝票・申請書承認に対応。

月次管理表

出力条件を柔軟に変更することで、様々な用途で利用可能。
ファイル出力機能で帳票の加工や配布も容易。

財務分析

高度な予算実績分析により、業績管理を容易にします。
未経過月に予算等を当て込こんだ決算予測や着地点予測が可能です。

経営分析

実務で利用される73種類の分析表を実装。グラフやチャートを用いて経営状態を可視化。

番号管理

仕訳入力時に消込用の番号を入力することにより番号毎の残高管理や消込管理表の作成が可能。

勘定科目

勘定科目体系は柔軟に設計可能。非会計科目の活用により、管理会計の幅が広がります。

部門・セグメント

セグメントは10種類まで採用可能。強力な配賦機能と仮想組織パターン登録で管理会計を強化。

予算登録・予算連動

複数の予算を作成し、実績データと対比することで緻密な管理を可能にします。また、人事・給与・販売・資産といった他のモジュールから予算値・予測値を連動することができます。

データ交換

他システムとの柔軟な連携を可能にし、仕訳入力やマスタ登録に係る業務負荷を大幅に削減。

複数元帳対応・データ基準拡張

「日本基準」「IFRS基準」など、複数の会計基準に基づく仕訳データを1DB内で区分して集計・表示することができます。データ基準は99種類まで採用できるため、「見込データ」として受発注金額等の未計上データを入力することにより決算予測としての活用も可能。

包括利益計算書

「包括利益の表示に関する会計基準」に対応し包括利益計算書の出力が可能。「1計算書方式」「2計算書方式」の出力に対応。

全社一括入力

同一画面上で複数の法人データに対し伝票入力が可能。複数法人を跨った仕訳帳を出力することでチェック作業も容易

オプション一覧

原価管理・建設工事業・プロジェクト管理

個別原価計算を採用する業種向けの個別原価管理システム。建設工事業と建設工事業以外の業種の2パターンに分かれます。さらに、個別原価科目以外のより詳細な科目はプロジェクト管理で行います。

労務費計算

Webクライアント上に日報入力画面を用意。工事別やプロジェクト別に作業時間を集計することにより労務費を自動計算。予定賃率計算・実際賃率計算の双方に対応。

経費精算

ワークフローにより承認され、財務大将に連動された経費や仮払精算に関わる仕訳を対象に、経費支払い業務を自動化することができます。さらに、振込に関わる支払予定データの自動作成、FBファイルの作成および振込依頼書の印刷を行い、処理後は経費精算取引の仕訳を作成して財務大将に連結します。

手形管理

受取手形/支払手形の自動仕訳の作成により、財務担当者の作業が軽減されます。さらに資金管理との連動で、精度の高い資金繰り計画の策定も可能です。また、債権/債務モジュール(債権/債務モジュールへリンク)との連携で決済管理までを一貫してサポートします。

資金管理

各サブシステムより入金・支払予定データ(月次・日次)を取り込みます。キャッシュ・フロー計算書に加え、各種キャッシュフロー関連帳票の作成ももちろん可能です。

電子帳簿

電子帳簿保存法に対応した電子データの保存と帳票出力とが可能です。申請対象となる帳簿は仕訳帳、総勘定元帳、売掛金元帳、買掛金元帳などの補助元帳になります。

本支店合併・本支店付替

本店及び各支店別の個別計数管理だけではなく、全社ベースでの管理や本店と各支店をまたがる部門毎の計数管理、セグメント別の計数管理が可能です。また、本支店間取引においては付替先の仕訳を自動作成することで未達取引の発生を防ぎます。

Eメール配信

支払処理や社内経費精算における「支払通知書」を自動でEメール配信できます。煩わしいルーチン業務を自動化するとともにペーパーレス化を実現し、コスト削減に寄与します。

Galileopt NX-I

このページの先頭へ▲