資産管理

固定資産・リース資産を登録することで、減価償却費の計算やリース契約の管理を行います。リース物件の資産計上にも対応します。IFRSへの対応を見据え、資産除去債務や複数簿価対応機能を実装しています。ワークフローモジュールを併用することで、稟議書~物件購入申請~物件取得申請といった一連の業務をシステム化することもできます。

固定資産管理

  • 平成23年度税制改正 200%定率法対応

企業における固定資産の物件管理及び減価償却・償却資産税の計算、法人税申告書関係の作成業務の効率化を図ります。グループ法人課税における通知書の発行に対応するなど、制度改正にもきめ細やかに対応します。

資産除去債務

適用初年度の会計処理から資産除去債務の履行における清算仕訳まで、資産除去債務を適用する際に必要となる煩わしい計算や仕訳起票などの業務負担を軽減し、効率的な事務作業を実現します。

リース管理

企業(借り手側)におけるリース資産の管理業務をサポートします。リース資産に係る煩雑で多岐にわたるリース物件管理業務を効率的に行い、業務負荷を軽減します。リース料支払仕訳とリース資産償却費仕訳の両方を会計モジュールに連携できます。

資産管理オプション

建設仮勘定New

機械装置や自社利用のソフトウェア開発など、製作途中の固定資産を建設仮勘定として計上し、管理できます。建設仮勘定の計上から本勘定(固定資産)や費用勘定への振り替えを行い、結果を仕訳として財務大将へ連携します。複数の建設仮勘定を1つの固定資産に振り替える「一括振替」や、1つの建設仮勘定の一部を固定資産に振り替える「一部振替」に対応し、柔軟な管理・運用が可能です。

仕訳・データの流れ

Galileopt NX-I

このページの先頭へ▲