機能

財務をコアに、多彩な業務モジュールとシームレスに連携。

多彩なシステム構成、豊富なオプション群のほか、特有の会計処理を必要とする建設工事業や医療業などには業種別のソリューションもラインアップし、業界・業種にとらわれることなく、最適な業務システム環境を構築することが可能です。これらのモジュールはシームレスに連携でき、財務をコアとしたERPの構築により、さらに導入効果を上げることができます。

特長

経営のトップから各部門まで、経営のトップから各部門まで

経営者、業務管理者、システム管理者、担当者など利用ユーザーごとに、安心して有効利用できるシステムを提供します。

企業業績の向上を支援する高度なマネージメント機能。

業経営の可視化により、経営の最適化、スピード経営に寄与。常に財務データの動きを確認して、早めの対策が打てるよう経営分析資料や異常傾向のアラート通知機能などを提供します。

快適なレスポンス、バックオフィス業務の効率をアップ。

高速レスポンス、直感的な操作性、ビギナーにも使える〈よく使う処理〉などにより、使う処理〉などによりの標準化・効率化・スピード化を実現。

スピーディな導入、ワンストップサービスで快適に稼働。

導入作業の簡素化、優れたガイダンス機能により、システムの導入期間を短縮し、よりスピーディな導入を実現。しかも保守までワンストップサービスで提供します。

部署ごとの分散拠点入力で業務効率がアップ。

分散入力システムのシステム強化を行い、分散拠点などからの入力業務の利便性の向上をはかるとともに、負荷分散により業務の効率化をアップ。

会計事務所システムとシームレスに連携。

ACELINK NX-Proとデータ連携が行え、会計事務所とシームレスなやりとりができて、経営相談などに大変便利。

特長

新機能ナレッジツール〈ワークボード〉を搭載。「知的生産性の向上」を効率よく支援。

知的生産性向上のカギは、社員一人一人のナレッジ(知識や情報、仕事のノウハウ)を組織の共有ナレッジとして、どう活かしていくかにあります。〈ワークボード〉はそのためのツール。たとえば、画面上のメッセージボードに仕事の進捗や処理についてコメントをつけて共有することで、従来のカレンダーやスケジュール機能に代わるツールとして「知的生産性の向上」に寄与します。

  • 自らが自分に対してコメントを付けることで振り返りを行うことが可能。
  • コメントに多種多様な【タグ】を付けることで、コメントに自分ルールを適用することを促進。
  • 入力内容に応じた【タグ】をシステムで自動付与することで余計な入力を削減。
  • 時系列や状態などで絞り込み、整列することで計画や反省材料を提供。
  • 操作上の忘備録を公開して、情報を共有する場を提供。

MJSLINK NX-I

このページの先頭へ▲