財務大将

会計業務の効率化に、柔軟性と迅速性を発揮。システムのコアとして、高度な経営判断を支援。

経営基盤のコアとして、全社的な経営情報の集積基地として、経営戦略に欠かすことができない「財務大将」。
使いやすさに磨きをかけ、さらなる機能充実をはかりました。

特長と主要機能

柔軟なマスタ体系 [勘定科目体系を自由に設計可能]

勘定科目の体系が自由に設計可能。多段階の階層で集計が可能。科目出力順序を自由に変更でき、複数パターンに対応。

伝票入力・データ検証 [入力から検証・修正を効率よく]

●さまざまな伝票入力やMJSオリジナルの一行型(ミロク型)に対応。原紙伝票に合わせて最適な処理を選択し、スピーディに入力することができます。付箋や詳細条件設定による充実した検索機能も装備。
●検索結果で表示された仕訳は元の伝票にドリルダウン、または一覧表示のまま項目だけの修正や一括置換により、効率的な検証、修正が可能。

帳票出力 [パターン登録、比較資料出力が可能]

●印刷出力パターンの登録により印刷時の各種条件がパターン登録可能。
●各種帳票はPDFやExcel等のファイル出力ができ、二次加工が容易。
●過年度や予算対比、総合比較や推移比較等、高度な比較資料が出力可能。

管理会計 [さまざまな体系での管理が可能]

●部門会計、本支店会計はもちろん、セグメント管理やプロジェクト管理まで、さまざまな体系での管理が可能。
●4つの予算を作成することができ、各予算との対比を行うことができます。
●経過月や過年度実績から未経過月の数値を予測し、決算のシミュレーションを行うことができます。シミュレーションに応じた予算修正も行えます。

会計業務から経営管理まで、多彩な機能をシステム化

会計業務から経営管理まで、多彩な機能をシステム化

MJSLINK NX-I

このページの先頭へ▲