公益法人会計

制度改革により新設された「附属明細書」や「財産目録」などにも対応。部門別に予算管理ができるほか、公益法人向けの勘定科目を標準装備しています

特長と主要機能

  • 平成20年公益法人会計基準に準拠

    提出書類となる「貸借対照表」「正味財産増減計算書」「キャッシュ・フロー計算書」のほかに新設された「附属明細書」や「財産目録」、内部資料としての「収支計算書」「収支予算書」にも対応します。

  • 公益法人向けの勘定科目を標準装備

    導入時の科目設定などの負担を軽減し、ローコストかつ短期間で導入できます。

  • 仕訳入力の二度手間を解消

    一度の入力で、収支計算書、キャッシュ・フロー計算書などで使用する仕訳を生成。

  • 内部取引消去への対応

    内部取引消去の金額を入力すると、貸借対照表および、正味財産増減計算書の内訳表に出力します。

  • 内部管理資料の充実

    収支計算書・収支予算書が平成16年基準と同じ様式で出力可能です。
    制度改革により新設された「附属明細書」や「財産目録」などにも対応。部門別に予算管理ができるほか、公益法人向けの勘定科目を標準装備しています。

  • 部門別に予算管理が可能

    予算差引簿により、部門別に予算の執行状況が把握できます。

出力帳票

財務諸表

  • 貸借対照表 様式1-1(基金なし)
  • 貸借対照表 様式1-2(基金あり)
  • 正味財産増減計算書 様式2-1(基金なし)
  • 正味財産増減計算書 様式2-2(基金あり)
  • 財務諸表に対する注記
  • 財産目録
  • 貸借対照表内訳表 様式1-3
  • 貸借対照表内訳表 様式1-4
  • 正味財産増減計算書内訳表 様式2-3
  • 正味財産増減計算書内訳表 様式2-4
  • キャッシュ・フロー計算書 様式3-2(間接法)
  • キャッシュ・フロー計算書 様式3-3(間接法)
  • 附属明細書

内部管理帳表

  • 収支予算書(様式1)
  • 収支計算書(様式2)
  • 収支予算書内訳表
  • 収支計算書内訳表
  • 収支予算書(補正型)

その他

  • 決算書表紙
  • 収支予算書(損益)
  • 収支予算書内訳表(損益)

伺書入力(オプションシステム)

  • アプリケーションによる「支出伺」「収入伺」「振替伺」「予算流用伺」の作成申請、承認が可能です。
  • 伺書(支出伺、収入伺)作成時に、予算の執行状況(予算額、承認額、予算残額、執行予定額、執行後予定額)の確認ができます。
  • 承認後の「支出伺」「収入伺」「振替伺」は、会計仕訳として、「予算流用伺」は、の予算として『財務大将』に連動できます。

MJSLINK NX-I

このページの先頭へ▲