株主・投資家の皆様へ

経営方針-ディスクロージャー・ポリシー

基本方針
株式会社ミロク情報サービスは、株主や投資家の皆様をはじめあらゆるステークホルダーに対して、企業情報を公正、公平、正確に、かつ可能な限り速やかに情報開示することを基本方針としています。これにより、当社の経営情報や経営戦略、事業活動の状況等をご理解いただき、当社の企業価値を適正に評価していただくことを目指しています。
また広く社会との健全なコミュニケーション活動を通じて、社会の一員としての説明責任を果たし、当社に対する理解を促進しつつ信頼関係を築くことにより、さらなる企業価値の向上を目指します。

情報開示の基準
当社は、金融商品取引法等の諸法令ならびに、東京証券取引所の定める適時開示規則に従い情報開示を行っています。また、適時開示規則に基づく開示事項に該当しない情報であっても、投資家の投資判断に影響を与えると思われる情報につきましては、可能な範囲で積極的かつ公平に開示します。

情報開示の方法
適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて行います。また公開した情報は、速やかに当社ホームページに掲載しています。なお、適時開示規則等に該当しない情報についても、適宜、適切な方法により、公平に当該情報が投資家に伝達されるよう配慮しています。

沈黙期間
当社は、決算情報の漏えいを防ぎ情報開示における公平性を確保するために、決算発表日までの一定の期間を「沈黙期間」としています。この期間は、決算に関連するコメントやご質問への回答を差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に業績予想を修正する見込みが発生した場合には、適時開示規則に従い、適宜、情報開示を行います。

将来の見通しについて
当社が開示する情報のうち、今後の計画や見通しなど将来予想に関する情報は、開示時点で入手可能な情報に基づく当社の判断による将来の見通しであり、経済情勢、市場動向、諸制度の変更等にかかわるリスクや不確実な要素を含んでいます。したがって、これらの不確定要素などの要因により、実際の成果や業績等は将来予想と差異が生じる可能性があることをご承知おきください。

このページの先頭へ▲