株主・投資家の皆様へ

経営方針-MJSグループの戦略

1.中長期経営ビジョン(2011年度~2016年度)

MJSグループは、経営環境の変化に適応し持続的な成長を遂げるために、以下の中長期経営ビジョンを掲げて中期経営計画に取り組んでまいります。

ミロク情報サービスグループは
インターネット等の技術革新や経営環境の変化に適応して、
お客様の視点に立ち、お客様に喜んで頂ける
新しい価値(経営システム・経営ノウハウ・経営情報サービス)を提供し、
お客様の経営イノベーションを推進します。

~中小企業のIT化を支援し、中小企業を元気にします~

2.第3次中期経営計画の経営ビジョンと基本方針

第3次中期経営計画ビジョン
-新しい価値創出へのチャレンジ-

既存事業における競争力の強化を図るとともに、
新たな事業機会を捉えて独自の価値を創出することにより、
継続的かつ飛躍的な企業価値の向上を目指します。

基本方針

  1. 1.顧客基盤を拡大するための販売戦力の増強と販路拡大
  2. 2.新たな顧客を創造する新製品・サービスの開発・提供
  3. 3.新規事業による新たな収益基盤の確立

3.第3次中期経営計画 経営目標

2016年度においては、売上高経常利益率15%、過去最高の経常利益を達成し、自己資本利益率15%を目標としております。

第3次中期経営計画 経営目標

4. 第3次中期経営計画を実現するための戦略

1.顧客基盤を拡大するための販売戦力の増強と販路拡大

  • 1)専門性を最大限に発揮した提案型営業モデルの推進
  • 2)営業・サポート要員の増強と市場ポテンシャルに合わせたリソース配分の適正化
  • 3)パートナー事業体制の抜本改革による間接販売の拡大
  • 4)顧客サポート体制および経営情報サービスの充実による顧客満足度の向上
  • 5)積極的な広告宣伝活動によるMJSブランドの構築

2.新たな顧客を創造する新製品・サービスの開発・提供

  • 1)マルチデバイスに対応したクラウドサービスの開発
  • 2)顧客拡大・新規市場開拓のための調査・研究活動の強化
  • 3)グループ企業および協業会社との積極的な共同開発の推進
  • 4)既存製品の統廃合による開発効率の向上による開発リソースの有効活用
  • 5)経営戦略に即した開発投資計画と成果のモニタリング

3.新規事業による新たな収益基盤の確立

  • 1)利益率向上のための事業ポートフォリオの再設計
  • 2)中小企業の事業再生支援サービスへの参入
  • 3)ネットビジネスの積極的な推進
    1. ① 『bizocean』による新たなネットビジネスの展開
    2. ② 『マネトラ』によるC to C市場への参入
    3. ③ 経済団体・フランチャイズ企業等への会計クラウドサービスの提供
  • 4)クラウド技術を活用した海外事業展開の基盤構築

5.第3次中期経営計画の位置づけと将来の数値目標

第3次中期経営計画 数値目標

このページの先頭へ▲