受付終了

相続税調査の最近の傾向と実際 ~相続税調査の実際と対応を具体的に解説~

開催日時 2016年10月20日(木)13:30~16:30
講師 税理士
武田秀和税理士事務所所長
MJS税経システム研究所客員研究員
武田 秀和 氏
会場 宮崎グリーンホテル2F 特別会議室
〒880-0022
宮崎県宮崎市大橋2-36
TEL: 0985-22-1121
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 ・九州ミロク会計人会会員及び職員1名様:2,778円(税抜)3,000円(税込)
・九州ミロク会計人会未加入のMJSユーザー1名様:6,945円(税抜)7,500円(税込)
・上記以外の会計事務所所長及び職員1名様:8,334円(税抜)9,000円(税込)
認定 ・南九州税理士会その他研修(3単位)
・日本FP協会継続教育単位認定(3単位)
定員 30名
備考 ※税理士会認定は各税理士会での判断により、認定されない場合もございます。
※FP認定は審査基準により、認定されない場合もございます。
担当支社 鹿児島支社 担当:川畑・塩満 TEL:099-222-7347 FAX:099-222-7578

内容

相続税調査は非常に高い頻度で行われ、また、非違の把握率も高い税目です。このセミナーでは近年の相続税調査のターゲットである海外資産情報や無申告情報を中心に、相続税調査の選定、開始、終了まで調査全般にわたる実務的な解説をします。

1.相続税調査の近年の傾向
 ・平成26事務年度の相続税調査結果の概要
 ・調査対象案件はどのようなポイントで選定されるか
 ・海外資産情報の端緒は何か
 ・無申告事案の調査とこれからの傾向
2.相続税調査の実際
 ・調査官が来る前に相続人に伝えておくこと
 ・相続税調査を担当する調査官はどのような質問をするのか
 ・調査官の質問にどのような対応及び応答をするか
 ・調査官の申告漏れについての指摘はすべて正しいか
 ・申告漏れ財産の指摘があった場合の対応について
 

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • マイナンバー
  • 贈与
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 管理会計
  • 相続
  • 労務
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

このページの先頭へ▲