受付終了

「誤りやすい事例」とその課税要件(消費税) ~誤りやすい原因と制度の基本について~

開催日時 2016年10月04日(火)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
藤井 茂男 氏
会場 ボルファートとやま 翡翠の間
〒930-0857
富山市奥田新町8番1号
TEL: 076-431-1113
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 会計人会会員の方:926円(税抜)1,000円(税込)
TVSご加入の方:4,630円(税抜)5,000円(税込)
一般の方:6,482円(税抜)7,000円(税込)
認定
定員 40名
備考 ※北陸税理士会の受講時間認定につきましては、
 弊社にて北陸税理士会へ一括登録をするので、不要の方はお申し出下さい。
※FP認定は審査基準により、認定されない場合もございます。
担当支社 金沢支社 担当:江 TEL:076-264-8805 FAX:076-264-8807

内容

消費税は税理士の日常業務に大きく関わっています。しかし、消費税法が明確でないこと又は明確に規定されていないために、「誤りやすい事例」が生じることが多くあります。
その内容は、時として、税理士の責任とされることもあります。
そこで、本講では、消費税の「誤りやすい事例」を消費税法及び同通達を参照し、課税要件に基づいた検討をすることで、日常の処理に資することを目的とします。

1.課税事業者と納税者について
2.税理士の塾講師の課税売上該当性
3.課税売上及び非課税売上
4.仕入税額控除の課税要件
5.麻酔医の給与所得該当性
6.簡易課税制度
7.対価補償金と消費税の事例
8.請負契約と雇用契約を素材として
9.免税事業者と附帯税

※内容が変更されることがあります。
 

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • マイナンバー
  • 贈与
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 管理会計
  • 相続
  • 労務
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

このページの先頭へ▲