受付終了

中小企業者のための相続と事業承継税制 ~知らないですまされない株式を承継するための知識~

開催日時 2016年10月18日(火)13:30~16:30
講師 税理士
武田秀和税理士事務所所長
MJS税経システム研究所客員研究員
武田 秀和 氏
会場 京葉銀行文化プラザ 楓Ⅰの間
〒260-0015
千葉市中央区富士見1-3-2
TEL: 043-202-0800
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 東京ミロク会計人会の方:会員無料
 同伴職員1名につき 2,000円(税込)1,852円(税抜)
TVSご加入の方:5,000円(税込)4,630円(税抜)
一般の方(上記以外の税理士):6,000円(税込)5,556円(税抜)
認定 千葉県税理士会認定研修(3時間)
日本FP協会継続教育単位認定(3単位)
定員 50名
備考 ※税理士会認定は各税理士会での判断により、認定されない場合もございます。
※FP認定は審査基準により、認定されない場合もございます。
担当支社 千葉支社 担当:関屋 TEL:043-225-0369 FAX:043-225-6652

内容

中小企業経営者にとって事業を確実に次の世代に引き継ぐことは非常に大事です。事業の引継ぎは、必然的に税金の洗礼を受けることでもあります。贈与税・相続税には事業承継にかかる税負担を軽減するための特例が設けられています。中小企業の株式は奇抜特殊な対策をする前にいくらでも対応する方法があります。名義株等相続税対策のポイント及び平成27、28年から適用されている事業承継税制の改正点を含め事業承継の要点を解説します。

1.中小企業者の概要
2.相続対策の基本
(1)相続時精算課税の概要と効果的な活用
(2)遺言の活用
(3)事業承継に当たっての名義株の問題
3.遺留分に関する民法特例
(1)民法特例とは何か
(2)民法特例を適用するにあたって注意すべき事項
4.非上場株式の納税猶予制度
(1)納税猶予制度の概要と適用に当たっての留意点
(2)使いやすくなった納税猶予制度の改正点のポイント
 

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • マイナンバー
  • 贈与
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 管理会計
  • 相続
  • 労務
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

このページの先頭へ▲