受付終了

※中止※ 納税者の勝訴裁決を実務に活かす[法人税編] ~双方の主張と審判所の判断~

開催日時 2016年11月10日(木)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
藤井 茂男 氏
会場 ホテルアソシア豊橋5F クラブルームB
〒440-0075
豊橋市花田町西宿
TEL: 0532-57-1010
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 中部ミロク会計人会会員の方:無料
TVSご加入の方:4,630円(税抜)5,000円(税込)
一般の方:6,482円(税抜)7,000円(税込)
テキスト代:926円(税抜)1,000円(税込)
認定 名古屋税理士事務所認定研修
東海税理士事務所認定研修
日本FP協会継続教育単位認定研修3単位
定員 30名
備考 --------------------------------------------------------------------
※本セミナーは、支社の都合により、開催中止となりました。
--------------------------------------------------------------------

主催:中部ミロク会計人会 愛知東部地区会
共催:(株)ミロク情報サービス 名古屋支社
担当支社 名古屋支社 担当:松本 TEL:052-955-3690 FAX:052-953-0369

内容

--------------------------------------------------------------------
※本セミナーは、支社の都合により、開催中止となりました。
--------------------------------------------------------------------

調査の段階で納税者の主張が認められなかったものが、国税不服審判所の裁決において、その主張が認められた場合、その納税者の主張が認められた部分について訴訟に発展することはありません。
法人税では、その規模、内容及び慣習によって、いろいろな取引形態が考えられます。その取引に係る判断基準の一つとして、納税者が裁決で争って容認された事例は参考になります。
そこで、その事例だけではなく、基本的なあり方を通じて実務を考えるヒントにいたします。

[収益認識]
 1.取引先親睦団体が開催した行事の所得の帰属
 2.共同事業による利益の移転調整金

[売上原価・評価損]
 3.従業員との残油の黙示契約と原価該当性
 4.固定資産から振り替えた棚卸資産評価損

[販売費・管理費]
 5.役員給与における実際と架空の判断
 6.増資のコンサル業務に対価性を容認
 7.取引先に支払った販売手数料に合理性

[その他]
 8.架空外注費に対する源泉徴収義務
 9.青色取消処分の理由付記
 10.従業員の返還不要金未記載と重加算税

※内容の一部が修正されることがあります。
 

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • マイナンバー
  • 贈与
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 管理会計
  • 相続
  • 労務
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

このページの先頭へ▲