受付終了

グローバル展開をする日本企業の経営管理・ガバナンス・コストマネジメントの理想と現実

開催日時 2016年12月09日(金)15:00~17:30
講師 KPMGコンサルティング株式会社
長尾 篤 氏/伊藤 貴比古 氏
会場 東京サンケイビル18F 大会議室C
〒100-0004
千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル18F
TEL: 03-3241-3691
カテゴリ セミナー
対象システム
対象 会計事務所・企業様向け
受講料 無料
認定
定員 40名
備考
担当支社 東京第一支社 担当:阿部・佐藤 TEL:03-3241-3691 FAX:03-3241-3693

内容

日本企業の海外進出に向けた取り組みが今加速しています。
本セミナーでは、グローバル展開をする日本企業の経営管理・ガバナンス・コストマネジメントの観点から、最近の日本企業の動向や、海外進出に向けた管理体制の構築手法、注意すべき点などを解説します。
セミナーの後半では、海外進出を目指す企業をサポートするソリューションや、導入事例をご紹介いたします。

<第1部> 製造業向け
「製造業のグループ・グローバル展開で必要とされるコストマネジメント導入の秘訣」

「この商品はどの拠点で生産すれば一番安いのか」「海外拠点の製造プロセスが不透明」「海外拠点の原価管理レベルを向上して原価低減したい」などの意見に応え、グローバルでのコストマネジメント導入についての秘訣を説明します。新興国にありがちな月次工場一本での原価管理から脱却への取り組み、原価管理レベルの異なる各国拠点への導入アプローチなどを解説します。

<第2部> 多業種向け
「2015年改正会社法対応策海外オペレーション体制の実態と在外子会社管理実現のための要点」

2015年5月に施行された改正会社法では、「株式会社及びその子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するために必要な体制の整備」が法律事項(会社法362条4項6号)に格上げされ、海外子会社の不正防止と管理体制の確立が経営者の責務となることが明記されました。そのためには現地法人における内部統制強化が急務ですが、実態としてギャップを埋められていない法人が多数です。

<第3部> 海外子会社保有日本企業向け
「グループ、グローバルで現地サポートする“中堅企業向け” 純国産ERPのご紹介」

年商50~500億円規模の中堅企業をメインターゲットに、会計、販売、購買、在庫など幅広い業務に対応する多彩な機能モジュールで構成されており、日本本社から海外拠点の状況をリアルタイムに把握できるなど、グローバル企業の強力なインフラとして活用可能なシステムをご紹介します。最大の特長は、多言語、多通貨、多数の海外現地サポート拠点を備えていることであり、すでに世界22カ国・地域で420社以上の導入実績を持っています。既に本サービスを契約したお客様事例の経緯や今後の期待値も含めてご紹介します。日本本社の意見、海外子会社の言い分、現地社長の悩み、現地で頻発する不正行為の例など、実際に伺ったケースを用いて、内在しているリスクの事例を浮き彫りにします。日本本社が「何から手を付けたらよいか」が分かるように、海外子会社管理強化のための施策例、機能分担例、課題への対応例について、事例を用いて要点を解説します。
 

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • マイナンバー
  • 贈与
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 管理会計
  • 相続
  • 労務
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

このページの先頭へ▲