受付中

法人課税における税額控除(措置法関係)の適用と留意点

開催日時 2017年06月14日(水)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
植田 卓 氏
会場 新小倉ビル 2号会議室
〒802-0003
北九州市小倉北区米町2丁目2-1
TEL: 093-521-6369
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 ・九州ミロク会計人会会員の方:1人目より 2,778円(税抜)3,000円(税込)
・MJSユーザーの方(ミロク会計人会未加入):1名 6,945円(税抜)7,500円(税込)
・上記以外の会計事務所の方:1名 8,334円(税抜)9,000円(税込)

※テキスト代込です。尚、受講料は後日ご請求となります。
 但し、MJS北九州支社に自動振替契約のない場合、当日会場にて承ります。
認定 <九州北部税理士会認定研修申請中>
<日本FP協会継続教育単位認定研修申請中(3単位)>
定員 30名
備考 <主催:九州ミロク会計人会 北九州地区会>
<共催:株式会社ミロク情報サービス>
担当支社 北九州支社 担当:力丸 TEL:093-521-6369 FAX:093-522-0908

内容

措置法で設けられている税額控除は、政策税制の中でも税負担額の軽減そのものを目的とした制度であり、節税効果が端的に発揮されます。また、措置法の税額控除は法人税法で設けられている税額控除と異なり、当初申告要件が設けられているため、その適用を失念した場合には更正の請求が認められず、依頼者から損害賠償請求を受けるリスクが非常に大きいといえます。
今回は措置法における税額控除制度について、実務上の観点から、留意点も含めて確認していきます。

1.措置法における税額控除の種類と概要
2.設備投資における税額控除の適用と留意点
3.試験研究費に対する税額控除の適用と留意点
4.雇用者給与等が増額した場合の税額控除の適用と留意点
5.複数の税額控除制度を適用する場合の調整
6.措置法における税額控除の申告要件
 

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • 新入社員
  • マイナンバー
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 管理会計
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

このページの先頭へ▲