受付中

自己株式の取得・保有・処分の実務 ~法務・会計・税務について~

開催日時 2017年07月07日(金)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
橋本 達広 氏
会場 マロニエプラザ(栃木県立宇都宮産業展示館) 大会議室
〒321-0954
宇都宮市元今泉6‐1‐37
TEL: 028-664-2266
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 関東信越ミロク会計人会会員事務所の方:
 1名様:無料
 同伴1名につき:1,852円(税抜)2,000円(税込)
TVSご加入の方:4,630円(税抜)5,000円(税込)
一般の方:6,482円(税抜)7,000円(税込)

※テキストのみの販売はいたしておりません。
認定 関東信越税理士会認定研修申請予定
日本FP協会認定継続教育単位(3単位)申請予定
定員 40名
備考 ※税理士会認定は各税理士会での判断により、認定されない場合もございます。
※FP認定は審査基準により、認定されない場合もございます。
担当支社 さいたま支社 担当:本田・岩瀬 TEL:048-647-3091 FAX:048-647-3540

内容

自己株式は最近は非上場会社においても、分散した株式の買い集め、相続後の納税資金対策などに、広範囲に利用されています。特に事業後継者が相続税納税に充てるために自社に対して、自己株式で購入してもらうケースが多くなってきています。しかし、実務上難解な部分が多く、注意すべき事項も多く存在します。
そこで当セミナーでは、非上場会社が自己株式の取得や保有・処分等を実施する場合を想定し、それに伴う関係当事者の法務手続き、会計処理及び税務処理を中心に解説します。特に実務家向けに実際の事例を多く入れて検討します。この数年で自己株式に対する改正が入っていることから、実務で留意する事項を中心に解説します。


【研修概要】
本講座では、非公開会社が自己株式を買い取る場合の注意事項や価額の問題、取得後の保有、消却の手続き、処分の方法を解説し、法務・会計・税務の留意事項を実際にあった事例を中心に検討します。
自己株式は実務ではかなり有効に利用できますが、自己株式を買い取るときの価額がもっとも問題となることです。そこで、価格の問題にも言及いたします。
その上で、事例研究やケーススタディにより、中堅企業において自己株式を利用したどのような資本政策ができるのかを具体的に検討します。また、同族関係者や従業員から自己株式として取得する際の留意点を述べます。

・自己株式の法律
・自己株式の会計処理
・自己株式の税務処理
・自己株式の活用事例
 

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • 新入社員
  • マイナンバー
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 管理会計
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

このページの先頭へ▲