河内 隆史(かわち たかし)/顧問

明治大学法科大学院教授

略歴:
1971年 中央大学法学部卒業
1978年 同大学院博士課程単位取得満期退学(法学修士)
産業能率大学経営情報学部専任講師、同助教授、神奈川大学法学部助教授、同教授、明治大学法学部教授(商法)を経て、現在、明治大学法科大学院院長・教授。公認会計士試験委員(企業法)、経済産業省産業構造審議会臨時委員、日本商品先物取引協会外務員登録資格審査委員会委員長、法科大学院協会理事等を歴任。
主な著書等:
『ハイブリッド会社法』[共著](法律文化社)、『商品先物取引法』[共著](商亊法務)、『商品取引判例体系』[共著](商亊法務研究会)、『企業法 商法総則・商行為法・有価証券法)』[共著](八千代出版)、『手形法・小切手法』[編著](北樹出版)、『取締役の権限と責任』[共著](中央経済社)、他多数
このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ▲