武田 秀和(たけだ ひでかず)/客員研究員

武田秀和税理士事務所所長、税理士

略歴:
昭和50年3月 中央大学法学部卒業
昭和50年4月 東京国税局総務部採用(国税専門官第5期)
以後、東京国税局資料調査課、東京派遣監察官室、浅草、四谷、東村山各税務署資産課税部門に勤務
平成20年7月 杉並税務署資産課税部門第1統括官を最後に退職
平成20年8月 武田秀和税理士事務所設立
現在に至る
主な著書等:
『土地評価実務ガイド』税務経理協会
『元国税調査官が教える相続税 調査実態からみる申告書作成のテクニック(改訂版)』日本法令
『借地権 相続・贈与と譲渡所得の税務』税務経理協会(共著)
『土地建物の譲渡所得Q&A(改訂版)』税務経理協会
『税理士のための「相続税小口案件」対応マニュアル』税務研究会
『民法と相続税法からみる遺産分割協議と遺贈の相続税実務Q&A』税務研究会
『一般動産・知的財産権等の評価』税務研究会
『贈与税の基本と特例Q&A』税務経理協会
『土地建物の譲渡所得Q&A』税務経理協会
『資産税実務のポイントQ&A』税務研究会
『平成27年度 よくわかる税制改正と実務の徹底対策』日本法令(共著)
『ケーススタディ 相続財産評価マニュアル』新日本法規(共著)
このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ▲