自社バックアップ(Arcserve Unified Data Protection)

シンプル・低コスト・スピーディなバックアップソフトウェア シリーズのArcserve Backupは10年以上も国内Windows市場でNo.1*の実績を持つ信頼と実績のバックアップソフトウェアです。

サーバー丸ごとバックアップ

稼働サーバーのOS、アプリケーション、データを丸ごとイメージバックアップ。万が一のデータ損失の“ヒヤリ・ハット”に最適です。

簡単にリストア

サーバー環境を丸ごと復旧してすぐに業務を再開できます。 消してしまった1つのファイルなら、ドラッグ&ドロップのマウス操作だけで簡単リストア。

大容量も高速バックアップ

フルバックアップは初回だけ。以降は変更ブロックだけの増分バックアップを繰り返すため、バックアップ時間が短縮されます。

使える、バックアップ/リカバリーの基本機能

変更箇所だけのバックアップ

ディスク上の変更箇所だけをバックアップするので、バックアップ容量が小さい!

継続的な増分バックアップ

初回のフルバックアップ(全データバックアップ)以降は増分だけを繰り返す運用でバックアップ先のディスク使用量を節約!

物理・仮想をまとめて管理

社内の物理、仮想サーバーを1つの管理画面からまとめて運用。

サーバーの丸ごと復旧

システム全体を復旧。異なる機種への復旧や仮想サーバーへの移行も標準でサポート!

エクスプローラーを使った簡単ファイルリストア

管理画面やエクスプローラーを使ってファイル単位で簡単にリストアできる。

活用例

設定したスケジュールで自動バックアップ

面倒なバックアップもソフトウェアにお任せ!毎日1回、平日だけなど、設定した曜日別、日次・週次・月次などで自動的にバックアップします。

クライアントPCも、サーバーもまとめてバックアップ

業務用のPCに大切なデータはありませんか? 万が一に備えて、クライアントPCとサーバーをまとめてバックアップします。

物理サーバーから仮想サーバーへの簡単移行

新たに導入する仮想基盤へリカバリーするだけで既存環境を移行できます。移行後はArcserve UDPでバックアップを継続。

システム要件

サーバー用: Standard Edition / Advanced Edition
Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows)

対応
Windows OS
32ビットまたは64ビットのWindowsオペレーティングシステム
  • Windows Server 2012 / 2012 R2
  • Windows Server 2008 / 2008 R2
Arcserve Unified Data Protection Agent (Linux)
対応
Linux OS
32ビットまたは64ビットのWindowsオペレーティングシステム
  • Red Hat Enterprise Linux 5.x / 6.x
  • CentOS 5.x / 6.x
  • Oracle Enterprise Linux 5.x (RHEL互換のみ)
  • Oracle Linux 6. x (RHEL互換のみ)
  • SUSE Linux Enterprise Server 10, SP1, SP2, SP3, SP4
  • SUSE Linux Enterprise Server 11, SP1, SP2, SP3

クライアントPC用: Workstation Edition

対応OS 32ビットまたは64ビットのWindowsオペレーティングシステム
  • Windows 8 / 8.1
  • Windows 7
  • Windows Vista

共通

CPU 1 GHz 以上 (Windows Server 2012 の場合は 1.4 GHz 以上) の Intel Xeon/Core/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
(Windowsの場合は日本マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)
メモリ Windows Agent:1 GB 以上
Linux Agent:512 MB 以上
ディスク容量 3 GB 以上のディスク空き容量
周辺機器
  • DVD ROM ドライブ (DVD からのインストールやベア メタル復旧に必要)
  • XGA (1024 x 768) 以上の解像度で表示できるビデオ アダプタとモニタ
インターネット ブラウザー Unified Data Protection Agent Web GUI を利用するマシン (導入先サーバー、もしくはリモート操作を行う PC) に必要です。

※最新情報は、Arcserve Japanのウェブサイトをご覧ください。
https://arcserve.zendesk.com/hc/ja

このページの先頭へ▲