FortiGate FortiGate

多様な脅威に対処するネットワークの門番。リアルタイムでネットワークを保護するUTM(統合脅威管理)機器。

SOHO/小中規模企業向けの複合型脅威対応セキュリティシステム

マイナンバー制度への備え・インターネットセキュリティ対策現在、インターネットにおける脅威は、その手法が複雑化・多様化しています。攻撃者が攻撃を行う目的として、以前はハッカーが自身の技術を誇示するような、愉快犯的犯行が多く占めていましました。しかし近年は、金銭に成り代わる機密情報や個人情報を搾取する事を目的とし、複雑で、被攻撃者に気付かれにくい手法を用いて、より計画的に犯行が行われています。また、マイナンバーが2016年1月より利用開始となり、社会保障、税、災害対策の行政手続きにマイナンバーが必要となります。マイナンバーは特定個人情報として扱われ、情報漏えいや不正行為に対して厳しい罰則を受けます。企業側として特定個人情報の漏えいや目的外利用を防ぐ対策を講じる必要があります。
※特定個人情報とは、マイナンバー(個人番号)を含む個人情報をいいます。

BCP対策・ペーパーレス化へのリスクマネジメント重要書類の電子化によるペーパーレス化や、データセンターへのバックアップ、外部から社内のパソコンへのリモートアクセスなど、IT-BCPを実現するためには必然的に、インターネットを経由した通信が増加し、情報漏えいのリスクが増大します。安心・安全なIT-BCPを構築するために、インターネット出入口のセキュリティ対策は必須といえます。

IT-BCP

FortiGateで情報漏えい対策を!FortiGateはファイアウォール・アンチウィルス・アンチスパムなどの機能を持ったUTM機器です。通常のファイアウォールでは防ぐことのできない様々な脅威に対して、1台で対策を取ることができます。

情報漏えい対策

例1 ウィルスの侵入を防御

マルウェア・トロイの木馬・ボットネット・スパイウェア

IPアドレスやポート番号単位の対策は通常のファイアウォールで可能だが、正常なIPアドレスから送られてくるウィルスは対処ができない。

例2 メールを使った攻撃を防御

ドライブバイダウンロード

  1. 取引先等を装ったメールを送付
  2. メール本文のURLからウィルスをダウンロード
  3. 個人情報や機密データを抜き取られる

フィッシング

  1. 銀行やカード会社を装ったメールを送付
  2. IDやパスワードを入力させ、個人情報を搾取

UTMとは?UTM(Unified Threat Management)とは、日本語で「統合型脅威管理」という意味です。UTM登場以前は、ファイアウォール・アンチウィルス・アンチスパムなど機能を持つ機器を個別で購入する必要がありました。しかしUTMの登場により、それらの機能が一台の機器に統合されました。それにより購入コストや消費電力削減、管理の簡略化により様々メリットが享受されます。

FortiGateの特徴FortiGateとは、日本及び世界のUTM市場において、2004~2013年の9年間、シェアNo.1を取り続けており、低コスト・高パフォーマンス・簡易性を実現しています。また、最先端のセキュリティエンジンを搭載し、世界中に存在するセキュリティ研究センターから1時間毎に配信される情報を元に動作する為、常に最新の脅威への対策が行えます。

インターネット出入り口のセキュリティ対策はFortiGateが最適です。

○2012年 日本UTM市場シェア(工場出荷額)

日本UTM市場シェア円グラフ

出典:IDC Worldwide Quarterly Security Appliance Tracker - 2013 Q2

FortiGateラインナップ紹介

※機種選定は、インターネット回線および使用する機能によるネットワークトラフィックを考慮する必要があります。

【FortiGate-30E】

FortiGate-30E

FortiGate-30Eは、パソコンが10数台までの小規模事業者向けの推奨モデルです

FortiGate-30Eについて

【FortiGate-60D】

FortiGate-60D

FortiGate-60Dは、SOHO・中小企業向け推奨のFortiGateシリーズ最新モデルです。

FortiGate-60Dについて

【FortiGate-50E】

FortiGate-50E

FortiGate-50Eは、パソコンの台数が50台~60台以下の、中規模企業および支店・営業所向けの推奨モデルです。

FortiGate-50Eについて

このページの先頭へ▲