顧問先導入事例

2019年4月16日現在

株式会社キムラ電機 様

株式会社キムラ電機 様

「MJS Cloud IaaS」を活用したクラウド環境のシステム導入により、会計事務所との連携強化、業務効率化を実現

給与・会計・販売すべての処理がスムーズに

  • 152名
  • ・機体配線
    ・機械組立
    ・電気調整/設計
NX-CE
  • 給与、会計、販売の各業務を同じシステムで一貫して管理したい
  • 従業員や売上高の増により、システム切り替えが必要に
  • 会計事務所と情報を共有できるので、連携が一層強化
  • 作業がより正確に、よりスピーディーに

導入の背景

会社の成長に伴い、進化したシステムが必要

石川県白山市で2006年に創業し、電気機械に関する幅広い業務を手掛けているキムラ電機。顧客ニーズに対応して成長を続けて、米国や中国、韓国といった海外におけるプロジェクトにも多数参画している。そんな同社は、ミロク情報サービス(以下、MJS)のソリューションである中小・小規模企業向け財務パッケージ「ACELINK NX-CE」を「MJS Cloud IaaS」仕様で導入。元々は他社製のシステムを導入し、給与業務のみで使っていたのだが、会社が大きくなることによって、一歩進んだ機能が必要になってきたという。切り替えの理由について、総務部長・製造部長の山口和哉氏が語る。

「作業効率などを考えて、これまでの給与だけではなく、会計や販売業務についても、一貫して使えるソリューションに変更しようと考えました。税理士さんに相談したところ、強く勧められたのが、その会計事務所で以前から使われてきたMJS製品です。切り替え後は、給与・会計・販売のすべての面において、会計事務所との連携がスムーズに行えるようになりました」

導入のポイント

利便性の高いクラウド型のシステムを

イメージ写真1
株式会社キムラ電機 様
総務部部長・製造部部長
山口 和哉氏

以前使っていた他社製ソフトも、社内にサーバーを設けるのではなく、クラウドを利用するシステム。その便利さを実感していたため、MJS製品の導入に当たっても、「やはり、クラウド型のものにしたいと思っていました。社内にサーバーを置くのは、いまさら…という感じがするので」と山口氏は明かす。

同社では、本社で給与・会計・販売用にクライアントを5台、愛知事務所で販売用に2台設けている。「ACELINK NX-CE」が接続可能なクライアントは最大5台だが、現状、同時に接続することはあまりないため、問題なく使用できているそうだ。

給与に関しては「ACELINK NX-CE」導入後、完全互換することによって、適正でスピーディーな業務を行えるようになった。具体的には、正規の労働時間とそうでない部分などの仕訳が明確になり、すっきり整理することができたとのこと。加えて、山口氏が高く評価しているのが、有給休暇の日数を計算してくれる機能。「計算するのが随分簡単になりました。給与明細にあと何日取得できるのかが掲載されているので、社員にもメリットが大きいと思います。以前は、社員から“私は何日残っていますか?”と電話がかかってきて、その都度、個別に計算していました」(山口氏)

会計業務については、以前のシステムでは扱っておらず、会計事務所にほぼ“丸投げ”の状態だったという。「ACELINK NX-CE」導入後、わからない部分は会計事務所に相談しながら、手探りの状態で行ってきた。「これまでは年末調整に時間がかかり、1ヵ月ほど遅れて数字が出ていましたが、導入後は12月のうちにすべて相殺することができました。こういったところも、業務の効率化が実現できた部分だと思います」と山口氏は語る。

同じく新たに扱うようになった販売業務でも、「以前は表計算ソフトでの管理でしたが、お客様が増えたことで弊害も出ていました。今回の切り替えにより、ちゃんと請求書単位で管理できるようになったので、例えば売上が合わない時など、銀行の入金と照らし合わせて確認ができます」と山口氏は評価している。

導入の効果

いつでもどこでも確認できる機能に満足

イメージ写真2

「ACELINK NX-CE」導入によって得られた効果は、様々な面で非常に大きい、と山口氏は実感している。「給与、会計、販売など、すべてが連動してわかりやすくなったのが良かったと思います。数字的な部分における正確さは格段に向上しているでしょうね」(山口氏)

利便性を強く感じるのは、「MJS Cloud IaaS」を活用したクラウド型システムであること。「出張先でもどこでも、すぐにつなげて確認できるのはありがたいですね」と、山口氏の評価は高い。各種認証を取得したデータセンターで運用していることから、セキュリティは非常に堅牢だ。また、サーバーの多重化により、大規模な災害や火災、停電などに対するデータ保全への備えも十分。こうした「MJS Cloud IaaS」ならではの利点についても、山口氏は満足している。

同社では、マイナンバーの管理システム「MJSマイナンバーCloud」も導入している。同システムは、マイナンバー情報を取得、保管、利用、廃棄などをするうえで、安全な環境のもと、適正な取り扱いをサポートするためのもの。税務や給与などの業務システムと連携することによって、税務申告書や源泉徴収票、支払調書などの帳票にマイナンバーを印字して出力することができる。「企業としては個人情報も管理しないといけないので、絶対に必要な機能だと思います。システムは給与とも連携しているので、必要なものに全部マイナンバーを加えることができます。年末調整の時、簡単な操作で個人データを入れることができたので、とても便利でした。セキュリティの面でも、非常に優れています。我々企業が管理するよりも、ずっと安心ではないでしょうか」というのが、「MJSマイナンバーCloud」を実際に使ってみた山口氏の感想だ。

今後の展望

クラウド経由のシステムを状況に応じて検討

今後も引き続き、基本的にはクラウド型のシステムを使いたいという山口氏。「仕事量が増えていくと、これまでにない機能を持つシステムも必要になってくるでしょう。そうなったとき、また新たなMJS製品の導入を検討したいと思っています」(山口氏)。現在、山口氏が気になっているのは、MJSの「楽たす振込」や「楽たす給与振込」。振込の金額に関係なく、一律の振込手数料で利用できるといったシステムだ。「今後慣れてきたら、徐々にそれらの導入も検討していきたいですね」と山口氏は語ってくれた。

UserVOICE

「使いやすさ」への声

総務部 中村 真以氏

他社製システムと比べて、とても見やすいのが利点

「ACELINK NX-CE」を使ってみて、以前のシステムよりも細かく分類されており、とても見やすくなったと思いました。社員別や支給項目別の一覧の表もわかりやすいので、細かい管理がしやすくなっています。販売についても、金額がより細かく載せられるようになっていることから、毎月の売上などを簡単に見ることができます。

扱うのに手間がかかった勤怠データも素早く操作

勤怠データの扱いについても、すごく楽になりました。CSV形式のデータで取り込まれているので、手早くチェックできます。勤怠データについては、「ACELINK NX-CE」の給与システムに情報を加えてから、銀行にそのデータを送れるので大いに助かっています。また、社員情報の登録変更も簡単ですね。住所や扶養が変わった時など、名前のふりがな検索でスピーディーに該当者を探し当てています。

私のイチオシ機能&サービス

会計事務所と連携できる頼りがいのあるシステム

野田税理士事務所

「ACELINK NX-CE」は給与と会計、販売をすべて一貫して行えるのが大きなメリットですね。会計事務所と常に情報を共有しながら業務を進められるのも便利です。会計は手探り状態で始めましたが、年末調整を問題なく行えました。従来よりも、ずっとスピーディーになり、正確さもアップしました。とても頼りがいのあるシステムだと思います。

導入企業のご紹介

株式会社キムラ電機

所在地
〒924-0803
石川県白山市乾町208-1
代表者
代表取締役 木村好行
設立
2006年9月
社員数
152名
主な業務
・機体配線・機械組立・電気調整/設計
URL
https://kimura-denki.com/

導入企業様ワンポイントPR

高い技術力を活かしてお客様のご要望に徹底対応

産業機械の製造を中心に、「機械」に関する多種多様な業務を行っている。産業機械組立では、設計図をもとにした組立をはじめ、内部・調整部品まで幅広く対応。機械配線の分野では、産業機械に付属するセンサーやモーターなどが正しく稼働するように、緻密な作業に取り組んでいる。電気図面の製作や設計、制御プログラミング、電気調整といった業務でもクライアントの信頼は厚い。

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ