会計事務所導入事例

2019年9月2日現在

税理士法人 安須田会計 様

税理士法人 安須田会計 様

「かんたんクラウド」で自計化を推進
顧問先の会計意識が向上し
一歩進んだ経営サポートも実現

紙ベースの作業に比べて正確さとスピードが格段に向上

  • 税理士2名、職員4名
  • 会計・税務、経営支援ほか
NX-proかんたんクラウド
  • 顧問先の自計化率が低く、推進の必要性を感じていた
  • 様々な提案をしてもらえるパートナーが必要だった
  • リアルタイムでのチェックなども可能でより効率的に
  • 操作画面を自身で確認することで顧問先の意識向上にも貢献

導入の背景

MJSシステムの操作性とサポートの手厚さが魅力に

イメージ写真1
税理士法人 安須田会計 様
税理士 須田 真紀子先生

岐阜県各務原市に事務所を構える税理士法人安須田会計。47年間にわたって近隣の岐阜市も含めた地域に密着し、税理士業務を行ってきた。スタッフは全員が15年以上在職しており、豊かな経験をバックボーンとする確かなサポートに定評がある。最大の特徴は、安田芳子所長を筆頭に、女性を中心とする税理士事務所である点だ。「税務にくわしい家族」といった近しいスタンスで業務にあたるため、何でも気軽に相談できて、細やかなサービスを提供してもらえると、顧問先からも好評だ。

同事務所では以前、他社の会計システムを使っていた。しかし、アフターサービスや使い勝手などの面で、満足できない部分があったという。同事務所の税理士、須田真紀子先生は「以前は不具合があっても、その時々の対応のみで、将来自力で対処する方法や、改善策までは教えてくれませんでした」と振り返る。

以前、別の事務所でMJSのシステムを使っていた経験がある須田先生は、MJS製品の利便性を知っていただけでなく、手厚いサポート体制も魅力に感じていた。「研修体制も充実していますし、コールセンターは24時間対応してもらえます。担当者の姿勢も柔軟で、こちらの要望にしっかり寄り添ってくれます。顧問先は税理士事務所に税務以外でも相談されることが多く、特にIT関連は先方の状況に応じて様々な提案が求められます。正に、MJSはパートナーとして最適でした」

同事務所が導入したのは、「ACELINK NX-Pro」。事務所が有するデータを一元化し、顧客情報の分析・活用面で効果を上げ、生産性を向上させる総合業務パッケージだ。「以前のシステムと比べると、画面がシンプルで見やすい設計なので、たとえわからないことがあっても、直観的に操作ができる点が良いですね。特に申告書システムは優れていると感じます。開業以来長く使っていたシステムを切り替えることには不安もありましたが、スタッフも最初に説明を受けた後はコールセンターを利用しながら問題なく使っています。非常に実践的なシステムです」

導入のポイント

自計化してもらうためには欠かせないクラウド

さらに、安須田会計の目指すところが、顧問先の自計化の推進だった。「当初、自計化率は非常に低いものがありました。しかし、現代は税制改正や価値観の移り変わりの速い時代です。昔ながらの紙ベースで会計業務を行なっていては、お客様も我々も手一杯でパンクしてしまいます。効率化してお互いの時間を有意義に使い、私たちも新しい時代に迅速に対応していくには、利便性の高いクラウドを中心とした自計化が必要不可欠になってくると思います」と須田先生。また、若い経営者からも、手書きをやめたい、という要望も出ていた。

そこで同事務所が顧問先に提案しているのが、MJSの「かんたんクラウド」だ。「誰でも簡単に使える」がコンセプトで、中小企業・個人事業主に適している。加えて会計事務所の作業負担も軽減され、業務の効率化が期待できる。

導入の効果

紙とは比較にならない作業効率の良さ

イメージ写真2

最初、紙の帳簿に馴染んでいた顧問先のなかには、クラウドを使った自計化に難色を示す経営者もいた。しかし実際の導入は極めて簡単で、インターネット環境さえあれば専用のパソコンは必要なく、インストールやバージョンアップの手間もない。日付と取引内容と金額を入力するだけで会計帳簿ができあがる。

「実際、簿記の知識がほとんどない方でも、『かんたんクラウド』を使いこなしてみえます。よく利用する摘要を登録し、検索の仕方をマスターすると、手書きとは比べものにならないほど、作業を効率良くこなせます。さらに銀行やクレジットカードなどのWebサイトの取引明細と連携することで、一層スピーディになりますし、数字の入力間違いもなくなります。作業効率が上がることで本業に専念する時間も確保できると思います。顧問先には、自計化というのは時間を買うことであり、『かんたんクラウド』はそのためのツールですよ、とお話ししています」スピード化という面では、「かんたんクラウド」にはレシート画像を取り込んで自動で仕訳データに変換する機能もある。こちらも作業効率化に貢献してくれる。

また、クラウドは顧問先側だけでなく、事務所側へのメリットも大きい。「どこででも操作できるのはクラウドの良いところですが、私たちも、事務所にいながら、顧問先の入力進捗状況を確認できるのも良いですね。お客様の操作しやすいように操作画面をカスタマイズできる点も大変好評ですし、それを出向くことなく事務所から設定して同期できることにいつも驚かれます」

「かんたんクラウド」は「自計化の入り口としては最適」と話す須田先生。現在、安須田会計では顧問先の自計化を着々と推進し、25%まで実現している(2019年9月現在)。

今後の展望

顧問先の幅広い要望にお応えできる存在に

MJSの自計化システムを使って、安須田会計では今後、顧問先の満足度向上をどのように図っていくのか。「『かんたんクラウド』を導入いただいて、それまで会計事務所に任せっきりだった記帳業務に、お客様が興味を持たれるようになりました。売上の推移なども簡単にわかりますし、画面で試算表を確認することで、立体的に見ることができて、経営状態や財務状況へのより深い関心に繋がっているように感じます。そうなると、我々に求められるものも変わり、私たち自身も一層研鑽し知識を深めなければいけません。そうした成長を当事務所のさらなるサービス充実や、シェア拡大につなげていければ、と考えています」と須田先生は展望を語ってくれた。

UserVOICE

「使いやすさ」への声

スタッフ 鷲見 能史 氏

初めてでも操作しやすい「ACELINK NX-Pro」

これまで他社システムを使用してきましたが、「ACELINK NX-Pro」に切り替え後も、入力作業などスムーズに行えています。摘要登録を入力作業の流れで行えるのも良いですね。また、サポートが手厚いことも良い点だと思います。電話で、気軽に質問しやすい環境ができているので安心です。

「かんたんクラウド」導入で手書き時代のようなミスが皆無に

手書きの出納帳の頃は文字や数字が走り書きで判別できなかったり書き間違いなども多く、確認作業に時間が掛かりました。それが「かんたんクラウド」を導入以降は、なくなりました。また、ソフトに入力してもらい、きれいに出納帳ができあがると、入力している顧問先の皆様も、帳簿を付けることの大切さや「自覚」が芽生えていらっしゃるようです。

私のイチオシ機能&サービス

記入の仕方が簡単になり、メールの手間もなくて便利

イメージ写真3以前はお客様と入力データをメールでやり取りしていましたので、メールが来るのを待つ受け身の仕事でしたが、「かんたんクラウド」導入後は事務所から入力状況を確認することでお客様のペースメーカーになれているようです。
お声をかける機会が増えると要望も多く聞け、科目の表示順や摘要を離れた場所からでもカスタマイズできる機能がとても喜ばれています。
「かんたんクラウド」導入によってコミュニケーションもとりやすくなりました。

導入会計事務所様のご紹介

税理士法人 安須田会計

所在地
〒504-0911
岐阜県各務原市那加門前町2-6-2
代表者
安田 芳子
設立
2018年
構成人員
税理士2名、職員4名
主な業務
  • 税務業務
  • 相続、贈与、事業承継
  • 開業
  • 創業支援
URL
http://www.siminkouen.jp/

導入会計事務所様ワンポイントPR

女性税理士ならではの細やかなサービスを提供

イメージ写真4創業は1972年。岐阜県初の女性税理士である安田芳子所長をはじめ、スタッフは女性中心。しかも全員材職歴15年を超え、経験豊かで、きめ細かい対応が顧問先から安心と信頼を得ている。顧問先は地域の中小企業・個人事業主が中心で、様々な相談にも柔軟に対応している。税務や会計、相続といったところから、事業計画の策定、経営分析、さらにクラウド会計などのバックオフィス業務の改善や導入支援など幅広く行っている。

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ