Galileopt NX-I Galileopt NX-I

中堅・中小企業向け新ERPソリューション『Galileopt NX-Plus』新発売!

進化したGalileopt。PDCAをダイナミックに動かし経営目標達成へ

2005年、MJSが新たに開発したERPパッケージは「常識を覆す地動説を唱えたGalileo」に、「最適を意味するOptimum」を組み合わせ『Galileopt-ガリレオプト』と命名されました。

2012年2月、Galileoptの発表から7年の時を経て、MJSは更なる進化を遂げたGalileopt NX-I(ガリレオプト エヌエックス ワン)を発表します。

PDCAサイクルをダイナミックに動かす「マネジメントシステム」

Galileopt NX-Iは健全な企業成長に不可欠な「PDCAサイクルの確立」を企業活動のあらゆるシーンにおいて実現するための機能を提供します。

従来のERPでは限界のあった「P:計画」や「A:分析と対策」といったフェーズにおいても強力なシミュレーション機能や精緻な決算予測機能により、最適な意思決定をサポートします。

戦術レベルでの業務指示から現場部門へ「気づき」を与える助言まで、能動的で的確なレポーティング機能が業務の質を劇的に向上させます。

トップの意思決定から現場の日常業務までを、マネジメントサイクルに沿って遂行。ERPの真に実効性ある全社展開が実現する。

IFRSのアドプションを見据えた「複数元帳」機能

「セグメント情報の開示」や「資産除去債務への対応」など、IFRSのコンバージェンス対応はもちろんのこと、アドプション(全面適用)を見据えた対応として「複数元帳」機能を実装します。
基準の異なる複数の残高や仕訳データをシステム内で保有することで、会計基準の差異を吸収し、効率性・検証性の高い運用が可能となります。
複数の基準を任意に組み合わせた集計が可能なため、複数会計基準への対応にとどまらず、「見込データの計上」等、管理会計機能としても活用いただけます。

強力なトレーサビリティで財務報告の信頼性を担保

権限や役割に応じたきめ細やかな権限コントロールや詳細なログ管理など、IT業務処理統制において求められる機能の実装はもちろんのこと、財務報告書からの明細データへのドリルダウン機能が更なる信頼性の向上をもたらします。
BIから財務モジュール・ワークフローまで、モジュールを横断したトレース機能を実装し、申請書やそれに付随する証憑や添付資料までを同一画面から確認することができます。集計金額の根拠が明確化されることで財務報告の信頼性が担保されるとともに、これまでは実現できなかった「定性データ」を含めた分析により取引の本質を見極めることができます。

動作環境

サーバー

OS
  • Windows Server 2012 R2 Standard/Datacenter Edition
  • Windows Server 2012 Standard/Datacenter Edition
  • Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise Edition
  • Windows Server 2008 (32bit) Standard/Enterprise Edition
CPU Intel Xeon 3.0GHz以上推奨
メモリ 4GB以上推奨
HDD DBサーバ:100GB以上(RAID5/6/10 推奨) ※
APサーバ:30GB以上(RAID1推奨)
※標準データでの試算
ネットワーク
インターフェース
100BASE-TX 以上推奨
その他
  • Microsoft Internet Information Services (IIS) 7.0以降
  • Microsoft メッセージキューサービス
  • Microsoft .NET Framework 3.5 SP1

クライアント・Webクライアント

OS
  • Windows 10(32/64 bit)Pro/Enterprise Edition
  • Windows 8.1(32/64 bit)Pro/Enterprise Edition
  • Windows 7 (32/64 bit)Ultimate/Professional/Enterprise
  • Windows Vista (32/64 bit) Ultimate/Business/Enterprise
※各OSのHome Edition はWebクライアントのみ対応
CPU Intel Core2 Duo 2.66GHz以上推奨
メモリ 2GB以上推奨
HDD 通常クライアント  1GB
Webクライアント 400MB
ネットワーク
インターフェース
100BASE-TX 以上推奨
その他
  • Microsoft Internet Explorer (各OSで有効なバージョン)
  • Microsoft .NET Framework 3.5 SP1
  • Microsoft .NET Framework 4 およびランゲージパック ※
※Webクライアントのみの場合は不要
  • ※ サーバーはクライアント台数により上記以上のスペックが必要になる場合があります

このページの先頭へ▲