MJS AI監査支援 MJS AI監査支援

デジタルトランスフォーメーション(DX)の波は会計業界にも訪れています。
MJSではこれからのDX時代に相応しい監査業務の新しいかたちを志向します。
会計事務所や企業経理の役割は、専門知識と経験を活かし、会計データから得られる情報を基に経営戦略を行い、経営層にいち早く時代の要請に応えるアドバイスを行うなど、経営に関わる局面での舵取りを助ける、より重要な役目が求められるのでないでしょうか?
人工知能(AI)の登場により、むしろそのニーズは高まっていると言えるでしょう。AIが定型の業務を担ってくれたり、ミスを減らすことを助けてあらゆる情報の精度を高めたり、業務の時間短縮をサポートしてくれる時代が到来しています。
そのことにより、人はより高度で人間的な本来の仕事へと集中することが可能になるかもしれません。

例えば、
こんなお悩みありませんか?

会計事務所の業務や企業の経理業務でも豊富な知識と実務能力が求められます。そのため、従業員募集を行っても必ずしも望むような経験者を雇用できるとは限りません。さらに未経験者の方を育成することに時間を取られ、日々の業務に追われていませんか?ベテラン従業員であれば仕訳処理時に気づくミスも、経験が浅い従業員では気づかず見逃してしまうというようなことはありませんか?

お悩み お悩み

そこで

MJSなら「専門知識と経験値」をサポートするツール「MJS AI監査支援」で解決いたします。

MJS AI監査支援

「MJS AI監査支援」は財務報告書の作成に必要な月次監査業務を効率的に行うための支援システムです。
MJSでは、入力作業の自動化を支援する機能だけでなく、エラーチェック・検出の作業領域においてもIT技術を活用したソリューションを提供します。
チェックルールやAIエンジンによる仕訳データのチェック自動化により、監査時間の短縮や業務の効率化、さらには月次・年次決算の早期化にもつながります。

MJS AI監査支援の
つのポイント

Point 1

スピードアップ


残高や仕訳のチェックの自動化で
劇的に業務時間を削減します

Point 2

正確性の向上


見落としがちな間違いも
確実なチェックで作業効率化

Point 3

業務の標準化


チェックルールにより
監査業務の標準化を推進

MJS AI監査支援のご利用イメージ

ACELINK NX-Pro ACELINK NX-Pro

AI仕訳チェック

仕訳明細の構成情報(文字列)から貸借の勘定科目を類推し、修正提案を行います。自然言語処理のAIエンジンを活用して、過年度仕訳の構成情報を形態素解析します。実際に使われている勘定科目との関連性を辞書化した学習データを生成します。

仕訳・残高からエラーをチェック

あらかじめ設定されたシステム標準監査ルールに基づき確認すべき科目・仕訳を検知します。科目残高と仕訳から「増減チェック」「マイナス残高チェック」「仕訳明細チェック」「仕訳重複チェック」「消費税区分チェック」が行われます。 ここがポイント!

オリジナルルールにも対応

システム標準ルール以外に独自のチェックルール設定が可能です。
例えば、標準ルールでは「消耗品費10万円以上」の仕訳を検知しますが、事務所としては「9万円以上」からチェック対象にしたいといった独自ルールを反映させることができます。

ここがポイント! ここがポイント!

まずはお気軽にお問い合わせください

資料請求・お問い合わせ