MJS AI監査支援 MJS AI監査支援

デジタルトランスフォーメーション(DX)の波は会計業界にも訪れています。
MJSではこれからのDX時代に相応しい監査業務の新しいかたちを志向します。
会計事務所の役割は、監査業務だけではありません。専門知識と経験を活かし、会計データから得られる情報を基に、顧問先様の財務に関する進言を行ったり、いち早く時代の要請に応えるアドバイスを行うなど、経営に関わる局面での舵取りを助ける、より重要な役目が求めらているのではないでしょうか?
人工知能(AI)の登場により、むしろそのニーズは高まっていると言えるでしょう。AIが定型の業務を担ってくれたり、ミスを減らすことを助けてあらゆる情報の精度を高めたり、業務の時間短縮をサポートしてくれる時代が到来しています。
そのことにより、人はより高度で人間的な本来の仕事へと集中することが可能になるかもしれません。

例えば、
こんなお悩みありませんか?

会計事務所の業務には「専門的なスキルや経験」が重要です。そのため、従業員募集を行っても必ずしも望むような経験者を雇用できるとは限りません。さらに未経験者の方を育成することに時間を取られ、日々の業務に追われていませんか?ベテラン従業員であれば仕訳処理時に気づくミスも、経験が浅い従業員では気づかず見逃してしまうというようなことはありませんか?

お悩み お悩み

そこで

MJSなら「専門知識と経験値」をサポートするツール「MJS AI監査支援」で解決いたします。

MJS AI監査支援

「MJS AI監査支援」は財務報告書の作成に必要な月次監査業務を効率的に行うための支援システムです。
MJSでは、入力作業の自動化を支援する機能だけでなく、エラーチェック・検出の作業領域においてもIT技術を活用したソリューションを提供します。
チェックルールやAIエンジンによる仕訳データのチェック自動化により、監査時間の短縮や業務の効率化、さらには月次・年次決算の早期化にもつながります。

MJS AI監査支援の
つのポイント

Point 1

スピードアップ


残高や仕訳のチェックの自動化で
劇的に業務時間を削減します

Point 2

正確性の向上


見落としがちな間違いも
確実なチェックで作業効率化

Point 3

業務の標準化


チェックルールにより
監査業務の標準化を推進

膨大なチェック対象
忙殺される貴重な時間・・・

膨大なチェック対象 膨大なチェック対象

MJS AI監査支援なら
今までの面倒な定型業務をここまで削減できます

1顧問先あたりの監査業務について1ヶ月分の業務量をコスト換算すると・・・
例) 3,000円(※1)×3時間=9,000円

削減グラフ 削減グラフ

コーヒー

1顧問先あたりチェック時間をわずか1分に短縮!
しかもコストはコーヒー1杯分もかかりません。

  1. 会計事務所従業員の1時間当たり総人件費を3,000円と試算
  2. 「MJS AI監査支援」は1社あたり導入費用が5年利用で8,400円(税抜)
    1ヶ月に換算すると1社あたり140円(税抜)
  3. 顧問先企業様の規模を年間売上5億円と想定
  4. (当社調べ)

まずはお気軽にお問い合わせください

資料請求・お問い合わせ

MJS AI監査支援のご利用イメージ

ACELINK NX-Pro ACELINK NX-Pro

AI仕訳チェック

仕訳明細の構成情報(文字列)から貸借の勘定科目を類推し、修正提案を行います。自然言語処理のAIエンジンを活用して、過年度仕訳の構成情報を形態素解析します。実際に使われている勘定科目との関連性を辞書化した学習データを生成します。

仕訳・残高からエラーをチェック

あらかじめ設定されたシステム標準監査ルールに基づき確認すべき科目・仕訳を検知します。科目残高と仕訳から「増減チェック」「マイナス残高チェック」「仕訳明細チェック」「仕訳重複チェック」「消費税区分チェック」が行われます。 ここがポイント!

オリジナルルールにも対応

システム標準ルール以外に独自のチェックルール設定が可能です。
例えば、標準ルールでは「消耗品費10万円以上」の仕訳を検知しますが、事務所としては「9万円以上」からチェック対象にしたいといった独自ルールを反映させることができます。

ここがポイント!

まずはお気軽にお問い合わせください

資料請求・お問い合わせ

税理士新聞様に掲載いただきました。

※「税理士新聞 2019年12月25日号」に掲載されたコンテンツです。

1顧問先「69分」短縮 AI監査で会計事務所に付加価値を

ミロク情報サービス(MJS、是枝周樹社長)が会計事務所支援の一環として、月次監査業務のための新システム「MJS AI監査支援」をリリースした。会計事務所向け基幹業務パッケージ「ACELINK NX-Pro会計大将」のデータと連携してクラウド上でチェックすることで、監査精度の向上に加え、従業員の作業時間短縮とコスト削減にも大きく貢献していく。IT技術を活用した新しいソリューションの導入メリットを同社の担当者に話を聞いた。

まずは本製品を開発した背景からお聞かせください。

鈴木ここ数年ですが、会計事務所から監査の精度を向上させたいというご意見をいただくことが多くなっていました。これには昨今の人材難で従業員の方のスキルにバラつきが出てしまっているというご事情があるようです。また、働き方改革を受けて業務の効率化を図りたいというニーズも高まっています。AI監査による精度の向上、標準化によるスピードアップ、それに生産性改革に貢献するということが、「MJS AI監査支援」の大きな目的となっています。

吉澤最近は自計化やデータの自動連携が進んでいるため会計事務所による記帳などの作業量は減っていますが、その反面でミスをチェックする手間が増えています。そのため月次報告書を作成する際にもベテラン従業員が二重に確認するなど、非効率な働き方が生じているという実態もあります。そこで、監査の精度向上と会計事務所の効率化に向け、「MJS AI監査支援」をリリースしました。

月次報告の内容は事務所ごとに異なる部分もあると思いますが、個別に対応は可能でしょうか。

営業推進部 製品企画グループ
係長 吉澤 義明

吉澤「MJS AI監査支援」では、MJSのシンクタンクである税経システム研究所が監修した仕訳明細ルールを標準装備していますので、その中から必要な項目を事務所ごとに選択して使っていただけます。それをAIがまとめてチェックした後で修正提案を行い、従業員が最終確認する方式です。

鈴木顧問先が自計化によって入力した仕訳もあれば、事務所の従業員が記帳した仕訳の場合もありますが、たとえ科目体系が異なっていても処理する内容に応じて事務所の方式に合った勘定科目を提示して監査をします。あらかじめ事務所が独自の監査ルールを決めることができる自由度の高い仕組みになっています。

IT関連のソフトを導入する際には、設定の手間が煩わしい声も多いと思われますが。

吉澤利用にあたっての設定はいたって簡単です。「ACELINK NX-Pro会計大将」に「MJS AI監査支援」オプションを採用するだけで簡単にクラウドにつながり、使用可能となります。面倒なやりとりは一切ありません。

鈴木それに、導入支援という形でサポート担当が会計事務所まで伺って設定のお手伝いもいたします。サポート担当による会計事務所への質の高いフォローアップはMJSの特長とも言えると自負していますが、「MJS AI監査支援」についてもお任せいただければと思います。

作業の効率化とコスト削減を実現

導入にあたり費用対効果を数値化したものはありますか。

鈴木「MJS AI監査支援」では、時間と支出の両面でのコストパフォーマンスを示しています。まず時間的な効率化が成功した事例です。ある会計事務所の例では、顧問先1社につき仕訳のチェック項目は約50に及びます。目視によるチェック業務では1項目1分としても50分、さらに比較資料や帳票の確認に20分として、だいたい1社あたり平均して70分はかかっている計算です。これが「MJS AI監査支援」を導入することによって、各30秒の計60秒で済むため、時間は実に70分の1となり、1顧問先あたり69分短縮できます。仕訳の修正や顧問先への報告はスタッフのマンパワーが必要ですが、その時間を除いても大幅な効率化が可能です。

吉澤導入コストの面ですが、仮に従業員の方の賃金が時給3,000円とした場合、監査業務が70分とすると顧問先1社あたり3,500円の経費がかかっていることになります。一方、「MJS AI監査支援」は1社あたりの導入費用が5年利用・1ライセンス8,400円(税抜)でご提供しております。1カ月に換算すると1社あたり140円(税抜)ですから、コスト面では単純計算で実に25分の1となります。

鈴木なお、8,400円というのは顧問先1社のみのご契約によるもので、導入数が多ければ、その分だけコストダウンする仕組みになっております。

作業の効率化と併せて支出削減にもつながるのは魅力ですね。

営業推進部 製品企画グループ
課長 鈴木 華奈子

鈴木作業の効率化とコスト削減は「MJS AI監査支援」の大きな特長で、これにより税理士先生には付加価値を生むための時間を確保していただくことが可能になります。煩雑な作業が減ることで先生や従業員の方のお時間を今よりも有効に活用することができれば、会計事務所の発展にとっても大きなメリットになると考えています。

吉澤会計事務所では、月次の訪問回数を減らしたいという先生と、逆に訪問時間をもっと確保したいという先生がいます。どちらのタイプの先生でも、「MJS AI監査支援」によって自由な時間を確保することで、ご自身の思い描く事務所の形に近づいていただけるはずです。

鈴木先生の業務は、税務申告だけでなく、顧問先と二人三脚で事業を盛り上げていくというソフトな部分が大きなウエートを占めていると思います。会計事務所が時間的な縛りから自由になれば、顧問先にも必ず波及効果が生まれるはずです。そして中小企業が元気になれば日本全体に活気を与えることになります。会計事務所が〝作業〟以外のところに有効に時間を使っていただくことで日本中が元気になっていく。そうした思いが「MJS AI監査支援」には詰まっています。

吉澤現在、ACELINK NX-Pro会計大将をご導入いただければ1ライセンス(1顧問先分)を無料でお使いいただけます。必ずメリットをお感じいただけるはずです。

※「税理士新聞 2019年12月25日号」に掲載されたコンテンツです。

まずはお気軽にお問い合わせください
資料請求・お問い合わせ

セミナー開催中!

「まずは使ってみたい」というご要望から顧問先1件分を無料でご提供しております。
セミナーでは商品紹介だけでなく、操作方法や運用ポイントまでご説明いたします。
所長先生はもちろん職員の皆様にもご参加いただけます。

MJS AI監査支援セミナー ~AIが帳簿をチェック!人材不足解消・生産性向上を支援~