2020年度の経営目標

1. 2020年度の経営目標について

2020年度は10年連続の最高益を更新し、経常利益率20%超を目指します。

2020年度の経営目標

2. 2020年度の経営目標の内訳

(1) 【MJSグループ目標】MJS単体の成長を主軸に、経常利益率20%超を目指す。

子会社は2020年度までにグループ経営最適化のための再編や新たな成長戦略を再設定する。
戦略的M&Aはシナジー発揮を前提とした案件精査・交渉を継続する。

(2) 【MJS目標】MJSのコア事業における高い成長率、持続的成長力の強化。

中堅・中小企業向けソリューションビジネス体制を徹底強化する。
主力のERP製品、クラウド製品の継続的な機能強化を実行する。
bizskyプラットフォーム事業、クラウド製品の拡販を推進する。

(3) 【子会社目標】成長機会を捉えた新たな成長戦略の再設定と収益拡大へのチャレンジ。

NTC・MSI・LEAD(受託開発)
ビズオーシャン(ポータルサイト事業)
mmap(事業継続・事業承継支援サービス)
その他(MWI・クラウドインボイス・MFT・アドトップ)

※子会社目標はグループ内取引相殺後の数値。

3. 経営Vision2020

経営Vision2020
MJSグループは、全国の会計事務所および地域金融機関との
パートナーシップをより強固なものとし、
中小企業に対して時代環境に適応した、最適な経営システム・経営情報サービスを提供し、
中小企業の事業継続、そして成長・発展を支援します。
基本方針
  1. 新規顧客開拓のためのソリューションビジネスの強化
  2. 会計事務所・地域金融機関とのパートナーシップの強化
  3. bizskyプラットフォーム事業の推進
  4. 開発体制の抜本改革と積極的な技術者採用・人材育成
  5. グループ経営の強化
  6. BPRによる生産性向上と働き方改革による従業員満足度の向上

4. 2025年度に向けての中長期Vision

2025年度に向けての中長期Vision
MJSグループは、先端技術によるイノベーション創出を図り、
次世代製品・サービスの開発と総合ビジネス・プラットフォームの構築を実現します。
さらに事業承継支援を始め、ファイナンス領域の新たなサービスを創出し、
中小企業の革新的挑戦と成功を牽引します。

※補足資料 『2020年度の経営目標について

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ