2020年10月02日

【10/2更新】金融機関とのAPI契約およびスクレイピング契約に関するお知らせ

株式会社ミロク情報サービス

ミロク情報サービスグループは、以下の金融機関とAPI契約またはスクレイピング契約を締結しました。

■金融機関との契約者

API契約  :ミロク情報サービス(MJS)

スクレイピング契約 :Miroku Webcash International株式会社(当社子会社)

■API契約またはスクレイピング契約を締結した金融機関

<API契約>

  • 池田泉州銀行
  • 鹿児島銀行
  • 筑邦銀行
  • 東京スター銀行
  • 北國銀行
  • API契約を締結した漁業協同組合等はこちらをご参照ください。

<スクレイピング契約>

  • 青森銀行
  • 新生銀行
  • トマト銀行
  • 岩手銀行
  • スルガ銀行
  • 野村信託銀行
  • 沖縄銀行
  • 仙台銀行
  • みなと銀行
  • 高知銀行
  • 中京銀行
  • 十八銀行
  • 東邦銀行

これにより、MJSグループとデータ連携(オープンAPI方式またはスクレイピング方式)の契約を締結した金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、JAバンク、JFマリンバンク、労働金庫)は、国内金融機関1,270のうち、1,166となりました。(API契約の意向のある金融機関1,167に対する契約率99.9%)

■金融機関との契約一覧

  • 契約済みの銀行一覧はこちら
  • 契約済みの信用金庫一覧はこちら
  • 契約済みの農業協同組合等の一覧はこちら
  • 契約済みの労働金庫一覧はこちら
  • 契約済みの信用組合一覧はこちら
  • 契約済みの漁業協同組合等の一覧はこちら

■金融機関との契約締結について

銀行法の改正により、当社をはじめとする電子決済等代行業者は、金融機関の口座情報を利用してお客様に会計サービス等を提供するにあたり、金融機関とAPI契約またはスクレイピング契約を締結することが求められています。

当社グループは、金融機関との間でAPI契約またはスクレイピング契約を順次締結してまいります。

■MJSグループの製品・サービスから連携可能な金融機関について

APIまたはスクレイピングにより、MJSグループの製品・サービスから連携可能な金融機関は、国内金融機関1,270のうち、1,118です。(カバー率88.0%)
連携可能な金融機関については、Miroku Webcash Internationalのインフォメーションサイト(https://info.369webcash.com/)を参照してください。

■金融機関の口座情報を取得するMJSグループの製品・サービス

  • 取引明細連携ツール「Account Tracker Plus」
  • 上記の取引明細連携ツールを通じて連携される以下のサービス
    • かんたんクラウド会計
    • MJSかんたん!シリーズ
    • iCompassNXシリーズ
    • NX記帳くん
    • ACELINK シリーズ
    • MJSLINK シリーズ
    • Galileopt シリーズ
    • MJSお金の管理

※各種製品・サービスの「取引明細連携」機能により、金融機関の口座情報(残高や取引明細)を取得し、「仕訳入力」または「出納帳入力」で補足入力を行い仕訳に連結することなどができます。

以上

かんたんナビ