2018年12月25日

日本IBMの『会計データ・オン・クラウドプラットフォーム』に参画
~財務・会計データをデジタル・データとして金融機関に提供、事務効率化、審査の迅速化・高度化、働き方改革を支援~
 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売する株式会社ミロク情報サービス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:是枝 周樹、以下「MJS」)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、以下「日本IBM」※)が提供する金融機関向けデジタル・データ提供プラットフォーム『会計データ・オン・クラウドプラットフォーム』の検討に参画いたします。

 『会計データ・オン・クラウドプラットフォーム』は、中小企業・小規模事業者の財務・会計データを金融機関にデジタル・データとして提供できるようにする日本IBMのデータ・プラットフォームです。現在、金融機関、会計ソフトメーカー、企業財務システムベンダーなど52社が参画を表明しており、日本IBMは各社と共同でクラウドおよびAPIを活用した『会計データ・オン・クラウド』の実用化に向けて、業務の流れ、システム要件、APIの有効性などを検討します。本プラットフォームは2020年からのサービス開始を目標としており、金融機関内での財務データの取り扱いに関する事務効率化の実現、融資審査の迅速化・高度化を目指します。

 今回の参画により、お客さまは必要に応じてMJSの財務会計システムで処理された仕訳データや決算書の会計データを『会計データ・オン・クラウドプラットフォーム』を通じて、金融機関に提供することが可能となります。そのため、MJSの製品をお使いの会計事務所ならびに中堅・中小企業は、融資やビジネスローンを申し込む際、紙の書類を印刷したり、書類を提出するための移動時間を気にすることなく、自社の会計データを提携先の金融機関へ提供することができ、事務作業が効率化されます。
 また、金融機関はデジタル・データとして決算書等の会計データを得ることにより、これまで紙の決算書をスキャニングし、その後事務センターにて登録するためにかかっていた作業時間が削減され、融資審査が迅速化・高度化されると考えます。

 MJSは、財務会計・人事給与のERPシステム、クラウド型サービスを提供しております。今回の参画を通じ、クラウドおよびAPI技術のさらなる活用に向けた検討を進めるとともに、会計事務所ならびに中堅・中小企業と金融機関との情報連携を支援し、融資審査の迅速化による事業活動の活性化を推進してまいります。
 


■ 日本アイ・ビー・エム株式会社 (https://www.ibm.com/ibm/jp/ja/
※ IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM WatsonならびにWatsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。

■ 株式会社ミロク情報サービス(MJS)について (https://www.mjs.co.jp/
 全国の会計事務所と中堅・中小企業に対し、経営システムおよび経営ノウハウならびに経営情報サービスを提供しています。現在、約8,400の会計事務所ユーザーを有し、財務会計・税務を中心とした各種システムおよび経営・会計・税務等に関する多彩な情報サービスを提供しています。また、中堅・中小企業に対して、財務を中心としたERPシステムおよび各種ソリューションサービスを提供し、企業の経営改革、業務改善を支援しており、現在、約10万社の中堅・中小企業ユーザーを有しています。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ミロク情報サービス
社長室 経営企画・広報IRグループ 小高・安藤
Tel :03-5361-6309
Fax:03-5360-3430
E-mail:press@mjs.co.jp
 

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ