2021年11月17日

中堅・中小企業向けERP『MJSLINKシリーズ』12年連続で売上高シェアNo.1獲得!
 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売する株式会社ミロク情報サービス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:是枝周樹 以下「MJS」)は、このほど、市場マーケティング調査会社の矢野経済研究所が発行する「2021 ERP市場の実態と展望」※1中堅・中小企業向けERPシステム部門の調査結果において、MJSの『MJSLINKシリーズ』が売上高シェアNo.1を獲得しました。同調査結果においては、今回で2009年から連続12年でNo.1となりました。
 さらに、デロイト トーマツ ミック経済研究所が発行する「基幹業務パッケージソフトの市場展望 2021年度版」※2調査結果においても、同シリーズが中規模企業向けERPシステム部門で売上高シェアNo.1となり、今回ダブルでNo.1獲得となりました。

 MJSの『MJSLINKシリーズ』は、中堅・中小企業を対象としたERPシステムで、財務・給与・人事・販売・資産管理など多彩なモジュールを揃えており、シームレスな連携が可能になります。また、『MJSLINK DX』では、クラウド型のAI仕訳やMJS AI監査支援機能も搭載され、業務の効率化とDX支援を強力にバックアップ、多くの企業に導入実績があります。
 
  • ※1 株式会社矢野経済研究所発刊「2021 ERP市場の実態と展望
    中堅・中小企業「年商50億円未満」財務・会計管理ソリューションライセンス売上高シェア調査において『MJSLINKシリーズ』がシェア25.7%でNo.1
  • ※2 デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社発刊「基幹業務パッケージソフトの市場展望2021年度版
    年商5~50億円の中規模企業におけるERPシステムの出荷金額ベースに基づく調査において、『MJSLINKシリーズ』がシェア22.6%でNo.1


 株式会社ミロク情報サービス(MJS)について  (https://www.mjs.co.jp/
全国の会計事務所と中堅・中小企業に対し、経営システムおよび経営ノウハウならびに経営情報サービスを提供しています。現在、約8,400の会計事務所ユーザーを有し、財務会計・税務を中心とした各種システムおよび経営・会計・税務等に関する多彩な情報サービスを提供しています。また、中堅・中小企業に対して、財務を中心としたERPシステムおよび各種ソリューションサービスを提供し、企業の経営改革、業務改善を支援しており、現在、約10万社の中堅・中小企業ユーザーを有しています。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ミロク情報サービス
社長室 経営企画・広報IRグループ 新井・安藤
Tel:03-5361-6309
Fax:03-5360-3430
E-mail:press@mjs.co.jp

かんたんナビ