工事大将

Galileopt DX 機能

『工事進行基準・原価回収基準』に対応
適正な収支管理を実現する工事管理システム

建設工事業に求められる工事別の原価管理を可能にするGalileopt DX の工事管理モジュール「工事大将」。出面管理や損料・資材管理など、多彩なオプション群で幅広い業務範囲をカバーします。

機能

原価発生種別に応じた入力画面

原価の発生種別に応じた入力画面を用意することで、種類が多く煩雑になりがちな工事原価の集計を容易にします。必要な機能を選択的に導入できるため、業務に合わせた最適なシステムを構築できます。

ワークフローから工事登録機能を実装

工事受注申請登録を行い、ワークフロー上で承認することで自動的に工事マスタが登録されます。工事のさまざまな段階で利用できる申請書を用意し、発生源入力の徹底により、工事原価を正確かつスピーディに把握できます。

工事特有の支払処理に対応

あらかじめ控除パターンを登録することで、「安全協力会費」の自動計算を行うことができます。また、発注伝票などの入力時に明細単位で支払条件を指定できるなど、工事特有の支払処理に対応することができます。

原価回収基準対応

企業会計基準第29 号「収益認識に関する会計基準」及び企業会計基準適用指針第30 号「収益認識に関する会計基準の適用指針」に記載のある「原価回収基準」に対応しています。

  • 「原価回収基準」とは、履行義務を充足する際に発生する費用のうち、回収することが見込まれる費用の金額で収益を認識する方法をいいます。

実行予算管理で正確な利益管理

工事別に実行予算の登録を行います。予算対比は都度確認できるため、工事ごとの正確な利益管理が可能です。

Galileopt DX 機能

課題や導入に関するご相談など承っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら

関連製品・サービス