セミナー&研修会

MJSのセミナー研修会は、財務や経営の専門家による実践的な内容となっています。
経理や財務の実務研修から、税理士会認定研修、システム研修まで多彩な内容をご提供しています。

受付終了

請求書等の電子化と検討のポイント

開催日時 2020年08月31日(月)13:30~15:00
講師 SKJ総合税理士事務所 代表社員

袖山 喜久造 氏
会場 ミロク情報サービス 京都支社
〒600-8416
京都市下京区薬師前町707 烏丸シティ・コア7F
TEL: 075-344-1836
カテゴリ セミナー
セミナー形式 集合研修
対象システム
対象 会計事務所・企業様向け
受講料 事前登録制
無料
認定
定員 30名
備考 皆様からのお申込み、心よりお待ちしております
<お申込み~開催当日まで>
1.Web、またはFAXよりお申込み(メールアドレス必須)
        ↓
2. 受講票メール到着
  参加方法、受講番号、参加用のURLをお送りいたします。
        ↓ 
3.【開催当日】
お申込みいただいた皆様は、後日送られてきます参加用URLをクリックするだけで参加可能です。
(参加方法に関する詳細は、受講票メールにてご案内いたします。
※インターネット環境が必須です
・当セミナーは「ZOOM」を使用致します。お客様のお持ちのPC、またはスマートフォンより参加可能です。
・スマートフォン(タブレット)からご参加の場合は、ZOOMアプリ(ZOOM Cloud Meetings)をダウンロードしてください。
 (Wi-Fi環境化でのご利用を推奨しております)
・受講者が利用するインターネット接続回線、接続端末の不備については、弊社は責任を負いませんので、予めご了承ください。
・配信に関しまして、弊社側で不具合が生じた際は、後日皆様へ録画したものをご提供させていただく場合がございます


担当支社 ミロク情報サービス 京都支社 担当:西川
TEL:075-344-1836  FAX:075-344-1837

内容

コロナ禍では「経理部門はテレワークが出来ない」というお声が緊急事態宣言中に多く聞かれました。
その大きな原因は印鑑と紙書類文化にあるかといえます。
在宅勤務中に「紙書類の確認や捺印でやむなく出社した」経験がある人が約6割に上るという結果も出ています。
今後、在宅勤務の促進や10月に改正予定の「電子帳簿保存法」へ対応するには、業務デジタル化が1つの鍵になってきます。
経理業務の電子化には書面請求書等の電子化が必要となります。
セミナーでは、経理業務の課題とその解決方法や電子化に必須の電子帳簿保存法の概要と法的対応等の検討のポイントについて解説します。


<第一部>(60分)
・経理業務の課題と解決方法
・電子帳簿保存法の概要と令和2年度の改正内容について
・スキャナ保存制度と検討手順について
・電子帳簿保存法申請方法について

<第二部>MJSサービス内容のご紹介(30分)



 

かんたんナビ