受付終了

相続税の申告書の書き方と誤りやすい事例紹介

開催日時 2017年04月10日(月)14:00~17:00
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
中島 孝一 氏
会場 新小倉ビル 2号会議室
〒802-0003
北九州市小倉北区米町2丁目2-
TEL: 093-521-6369
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 ・九州ミロク会計人会会員の方:1人目より 2,778円(税抜)3,000円(税込)
・MJSユーザーの方(ミロク会計人会未加入):1名 6,945円(税抜)7,500円(税込)
・上記以外の会計事務所の方:1名 8,334円(税抜)9,000円(税込)

※テキスト代込です。尚、受講料は後日ご請求となります。
 但し、MJS北九州支社に自動振替契約のない場合、当日会場にて承ります
認定 <九州北部税理士会認定研修申請中>
<日本FP協会継続教育単位認定研修3単位>
定員 30名
備考 <主催:九州ミロク会計人会 北九州地区会>
<共催:株式会社ミロク情報サービス>
担当支社 北九州支社 担当:力丸 TEL:093-521-6369 FAX:093-522-0908

内容

平成27年から相続税の申告依頼が増加することが予想されることから、過去の相続税の申告に関し依頼者とのトラブル事例を紹介するとともに、依頼者とのトラブルを防止するため、相続税の計算書・明細書ごとに、誤りやすい事例を紹介します。また、相続税の申告書の書き方について、基本的な項目を再確認します。

【研修概要】
[1]相続税の税理士賠償事例
 1.平成26年度の賠償事例
 2.平成27年度の賠償事例
[2]相続税に係る損害賠償の裁判例
 1.平成26年8月8日裁決
 2.平成27年5月8日裁決
[3]相続税の申告書の書き方と誤りやすい事例紹介
 1.申告書の書き方
  第1表から第15表までの書き方の基本
 2.誤りやすい事例紹介
 (1)相続税の総額の計算書(第2表)
 (2)相続税額の加算金額の計算書(第4表)
 (3)暦年課税分の贈与税額控除額の計算書(第4表)
 (4)配偶者の税額軽減額の計算書(第5表)
 (5)未成年者控除額・障害者控除額の計算書(第6表)
 (6)相次相続控除額の計算書(第7表)
 (7)生命保険金・退職手当などの明細書(第9・10表)
 (8)小規模宅地等の計算明細書(第11・11の2表の付表1他)
 (9)債務及び葬式費用の明細書(第13表)他
 

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • 新入社員
  • マイナンバー
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 管理会計
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

このページの先頭へ▲