受付中

合同会社とその利用上の留意点

開催日時 2018年10月17日(水)13:30~16:30
講師 早稲田大学商学部教授
MJS税経システム研究所 顧問
中村 信男 氏
会場 城山ホテル鹿児島 4階 オーキッド
〒890-0016
鹿児島市新照院町41番1号
TEL: 099-224-2211
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 <3時間講座受講料>
●九州ミロク会計人会会員及び会員事務所職員の方:1名 2,778円(税抜)3,000円(税込)
●MJSユーザー(非会員)所長及び職員の方:1名 6,945円(税抜)7,500円(税込)
●一般税理士事務所所長及び職員の方:1名 8,334円(税抜)9,000円(税込)

※受講料はテキスト代込となります。
 MJS鹿児島支社との自動振替契約のない場合、当日会場受付で現金にて承ります。
 契約いただいている場合は後日のご請求となります。
認定 日本FP協会継続教育単位認定(3単位)
南九州税理士会認定研修(3時間)
定員 30名
備考 ※税理士会認定は各税理士会での判断により、認定されない場合もございます。
※FP認定は審査基準により、認定されない場合もございます。
担当支社 鹿児島支社 担当:川畑・野田 TEL:099-222-7347 FAX:099-222-7578

内容

会社法の制定・施行により導入された合同会社の制度は、着実に利用数を伸ばしています。新規に設立されるケースのみならず、既存の株式会社から合同会社に転換するケースもあり、実務上、大いに注目されているようです。それだけ、合同会社にはメリットがあるということでしょう。しかし、他方で、合同会社の社員は、有限責任を享受できるものの、業務執行社員となると株式会社の取締役と同様の義務・責任を課され、この点で株主とは異なっています。この点で、合同会社制度は出資者となろうとするものにとって法的リスクを孕むものとなっており、留意が必要です。このセミナーでは、合同会社制度の概要と株式会社と比べた場合のメリットとデメリットにフォーカスを当てて説明するとともに、併せて、既存の株式会社が合同会社に転換する方法も概説し、関係者の参考に供します。

1.合同会社の意義と利用実績
2.合同会社の構造と運営
3.合同会社社員の入社・退社・持分の相続等
4.合同会社の社員の義務・責任―業務執行社員の場合
5.合同会社の設立―方法と特色
6.既存株式会社から合同会社への転換と会社法上の方法―組織変更・合同会社との吸収合併その他
7.まとめ
 

MJSユーザー限定 簡単セミナー申し込み

マイセミナーログイン

TVSまたはGOODWILL PLUSのユーザー限定サービスです。

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • 働き方改革
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 相続
  • 管理会計
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ