受付中

役員退職給与と計算方法の検討~不相当高額とされないために~

開催日時 2018年10月24日(水)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
藤井 茂男 氏
会場 九州北部税理士会館 2階会議室
〒812-0016
福岡市博多区博多駅南1-13-21
TEL: 092-473-8761
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 <3時間講座受講料>
●九州ミロク会計人会会員及び会員事務所職員の方
 2,778円(税抜)3,000円(税込)
●MJSユーザー(非会員)所長及び職員の方
 6,945円(税抜)7,500円(税込)
●一般税理士事務所所長及び職員の方
 8,334円(税抜)9,000円(税込)
※受講料はテキスト代込となります。
MJS福岡支社との自動振替契約のない場合、
当日会場受付で現金にて承ります。
契約いただいている場合は後日のご請求となります。
認定 日本FP協会継続教育単位認定申請中(3単位)
九州北部税理士会認定研修申請中(3時間)
定員 100名
備考 ※税理士会認定は各税理士会での判断により、
 認定されない場合もございます。
※FP認定は審査基準により、認定されない場合もございます。 
担当支社 福岡支社 担当:松ケ迫 TEL:092-481-3690 FAX:092-472-4052  

内容

役員退職給与は、月額報酬、勤続年数、功績倍率の計算要素に基づく功績倍率法により計算され、「不相当に高額な部分」を除き、原則として損金の額に算入されます。その「不相当に高額な部分」は、税務署より、倍半基準に基づいた同種同規模類似法人の平均支給額を判定基準とし、計算要素の適用について指摘がなされます。そこで、役員退職給与の計算方法及び計算要素を考え、「不相当に高額な部分」に該当しないための検討を行い、併せて、中小法人の適用例が多い「分掌変更による退職」の要件と実質的に退職したと同様の事情について考えます。 

1.役員退職給与の会計及び税務の取扱い
2.役員退職給与の計算方式
 ①最高功績倍率法 ②平均功績倍率法 ③1年当たり支給額法
3.役員退職給与の計算要素
 ①月額報酬 ②勤続年数 ③功績倍率 ④功績加算
4.「不相当高額に高額な部分」の判断
 ①倍半基準 ②同種同規模法人 ③最高功績倍率
5.分掌変更による退職金
 ①会計慣行と通達 ②実質的に退職したと同様の事情
6.判決・裁決例

※内容の一部が変更されることがあります。
 

MJSユーザー限定 簡単セミナー申し込み

マイセミナーログイン

TVSまたはGOODWILL PLUSのユーザー限定サービスです。

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • 働き方改革
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 相続
  • 管理会計
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ