受付中

税理士が知っておきたい相談事例-1 相続関係 よくあるお問い合わせ編

開催日時 2018年11月20日(火)13:30~16:30
講師 弁護士
MJS税経システム研究所 客員講師
岩﨑 泰一 氏
会場 いわて県民情報交流センター・アイーナ 501
〒020-0045
盛岡市盛岡駅西通1-7-1
TEL: 019-606-1717
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 会計人会会員の方:2,778円(税抜)3,000円(税込)
TVSご加入の方:4,630円(税抜)5,000円(税込)
一般の方:6,482円(税抜)7,000円(税込)
認定 東北税理士会認定研修
日本FP協会継続教育単位認定研修3単位
定員 40名
備考 ※税理士会認定は各税理士会での判断により、
 認定されない場合もございます。
※FP認定は審査基準により、認定されない場合もございます。
担当支社 盛岡支社 担当:高橋
TEL:019-625-0369 FAX:019-625-3369

内容

税理士は、相続税対策のための事前相談、あるいは申告業務に関連して、相続問題全般にわたり相談を受けることが多いお立場です。本セミナーでは、遺言書作成、遺言執行、遺産分割協議等の相続問題全般について、税理士が相談を受けることの多い事例を多数ご紹介し、顧問業務等のご参考にしていただける材料をご提供します。
同時に、弁護士法72条の「非弁行為」との関連や、親族間に意向の食い違いがある場合の注意点、顧問先等の重要なクライアントに事業承継が生じた場合の立ち位置など、税理士として相続問題に関わる際に留意すべき事項についてもお話しします。

1.相続における税理士の関わり方
(1)「非弁行為」との関係
 ・どのような形であれば相談に応えることが許されるか
 ・「報酬を得る目的」とは
 ・遺言書の作成はどうか
 ・遺言執行はどうか
 ・遺産分割協議書の作成はどうか
(2)相続事案に関わる際のその他の注意点
 ・誰のために関わるのか
 ・巻き込まれるおそれ、板挟みになるおそれはないか

2.相続に関する相談事例
 ・遺言書の作成
 ・遺言執行
 ・遺産の調査
 ・遺産分割協議
 ・遺留分に関して
 ・その他
 

MJSユーザー限定 簡単セミナー申し込み

マイセミナーログイン

TVSまたはGOODWILL PLUSのユーザー限定サービスです。

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • 働き方改革
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 相続
  • 管理会計
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ