受付中

NPO法人と一般法人・認定NPO法人と公益法人の違い ~法人形態をどう選ぶか~

開催日時 2018年12月13日(木)13:30~16:30
講師 公認会計士、税理士
MJS税経システム研究所 客員講師
中田 ちず子 氏
会場 サンポートホール高松 6階 62会議室
〒760-0019
高松市サンポート2番1号
TEL: 087-825-5000
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 会計人会会員の方:2,000円(税抜)
一般の方:6,000円(税抜)

※表示されている価格には消費税は含まれておりません。
 別途消費税を申し受けます。
認定 四国税理士会認定研修
日本FP協会継続教育単位認定研修(3単位)
定員 30名
備考 ※FP認定は審査基準により、認定されない場合もございます。
担当支社 高松支社 担当:石井 TEL:087-833-1154 FAX:087-833-1164

内容

事業を行うに際し、最初に法人形態を選ぶときに、株式会社にすべきか、NPO法人や一般法人にすべきか、悩むことがあると思いますが、各法人の特質を比較することでどの法人がどんな場合にふさわしいかについて検討します。
NPO法人は認定を受け、認定NPO法人になることができ、一般法人も認定を受け公益法人となることができます。認定NPO法人及び公益法人は、公益的な事業を主たる目的として行う法人として税務上の優遇を受けます。認定NPO法人と公益法人とを比較し、それぞれのメリット・デメリットを明らかにします。

1.NPO法人
 (1)NPO法人制度
 (2)NPO法人の税制

2.一般社団・財団法人
 (1)一般社団・財団法人制度
 (2)一般社団・財団法人の税制
 (3)非営利型法人の要件

3.NPO法人、非営利型法人、株式会社の比較
 (1)法人の意思決定(社員、社員総会等)に関する制限
 (2)同族理事の制限
 (3)事業の性質
 (4)主たる収入の性格
 (5)持分の定めの有無

4.認定NPO法人、公益社団・財団法人の比較
 (1)認定NPO法人及び公益社団・財団法人の要件
 (2)認定NPO法人、公益社団・財団法人の税務
 (3)公益目的の事業を行う場合のメリット・デメリット
 (4)寄附・相続・贈与等の場合のメリット・デメリット
 

MJSユーザー限定 簡単セミナー申し込み

マイセミナーログイン

TVSまたはGOODWILL PLUSのユーザー限定サービスです。

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • 働き方改革
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 相続
  • 管理会計
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ