受付終了

「働き方改革」関連法対策セミナー

開催日時 2019年04月24日(水)13:30~16:30
講師 社会保険労務士
吉村 友見 氏
会場 ザ・ナハテラス アダンB
〒900-0006
那覇市おもろまち2-14-1
TEL: 098-864-1111
カテゴリ セミナー
対象システム
対象 企業様向け
受講料 無料
認定
定員 50名
備考
担当支社 沖縄支社 担当:橋本 TEL:098-867-0260 FAX:098-864-0724

内容

 ~「長時間労働上限規制」「労働時間把握義務化」対応遅れで違法に!~

2019年4月1日より施行の長時間労働の上限規制(罰則規定あり)、その後、順次関連法案も施行されます。今回のセミナーは、働き方改革法案の主な改正事項と施行スケジュール確認、変更ポイントについてわかりやすく解説します。
早急に準備が必要な就業規定改定、人事評価規定改定ポイントをわかりやすく解説して、違法状態からの回避対策について解説します。
第二部では、働き方改革に有効なIT技術の紹介と、労働時間を適正に削除して労働生産性向上を実現する具体的な改革を、システム導入事例を踏まえて紹介させていただきます。
是非、この機会のご参加いただき「働き方改革」の推進対策の機会として頂ければ幸いです。


<第一部>13:30~15:00(90分)
Ⅰ.働き方改革法関連の主な改正事項と施行スケジュール

Ⅱ.働き方改革法8法の変更点確認、違法な労務管理チェック

Ⅲ.労働時間を適正に削減するには
  ①労働時間に「あたるもの」「あたらないもの」の作業整理 
  ②長時間労働対策のために、業務フローと就業管理の見直
  ③に認められている労働時間制度を活用する

Ⅳ.人を育てる賃金制度のつくり方
  「やる気のある社員」が辞めない給与・賞与の決めた方
   生産性が上がる新発想の人事評価制度の紹介

講師:社会保険労務士 吉村 友見 氏


<第二部>15:10~16:30(80分)
Ⅰ.「働き方改革」改善システム導入ポイント
  残業時間の「罰則付き上限規制」、5日間の「有給休暇取得」の義務化、
  「勤務時間インターバル制度」の努力義務、「割増賃金率」の中小企業
  猶予措置廃止、「産業医」の機能を強化(事業主の労働時間把握義務含む)、
  「同一労働・同一賃金の原則」適用など。

Ⅱ.労働生産性を上げるシステム改善事例紹介
  ①システム改善によるダブルワーク削減事例
  ②クラウドシステム導入による作業時間削減事例

Ⅲ.関連補助金助成金制度の紹介
  ①人事評価改善助成金・設備改善助成金
  ②IT導入補助金(最大450万補助)
  ③消費税軽減税率対策補助金31年度新設C型制度

Ⅳ.スマホで、「日々の入力」“働く”の見える化を推進
  ①各種打刻
  ②各種申請・承認
  ③各種アラート表示(自動通知)
   ・月間の残業時間、予測される残業時間
   ・勤務間インターバル
   ・遅刻・早退や休暇など、実績申請状況の相違

講 師:ミロク情報サービス 大塚 由之
 

MJSユーザー限定 簡単セミナー申し込み

マイセミナーログイン

TVSまたはGOODWILL PLUSのユーザー限定サービスです。

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • 働き方改革
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 相続
  • 管理会計
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ