受付中

生命保険の契約と税務のポイント -個人・法人の契約から満期まで-

開催日時 2019年07月19日(金)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
藤井 茂男 氏
会場 ANAクラウンプラザホテル札幌 23F『白樺』
〒060-0003
札幌市中央区北3条西1丁目2-9
TEL: 011-221-4411
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 ミロク会計人会会員:1人/2,778円(税抜)<3,000円税込>
一般参加:1人/6,482円(税抜)<7,000円(税込)>
【会員様の2人目以降の参加は、1人/2,778円(税抜)<3,000円(税込)>】
※注:【会員様の2人目以降のご参加も、1人/2,778円(税抜)【3,000円(税込)】とさせていただきます。】
認定 <北海道税理士会認定研修 認定番号:申請中>
<日本FP協会継続教育単位認定(3単位)>
定員 60名
備考 ※税理士会認定は各税理士会での判断により、認定されない場合もございます。
※FP認定は審査基準により、認定されない場合もございます。
※メールマガジン配信を希望されない方は、お申込みの際の備考に「希望しない」とご入力の程お願い致します。
担当支社 札幌支社 セミナー事務局:田中・坂本 TEL:011-231-3602 FAX:011-231-3604

内容

マイナス利子率に代表されるように、金融資産としての生命保険は変化し、その見直しが求められ、定期保険通達が大きく変更されようとしています。もともと、個人と法人では、生命保険の目的や会計処理が異なり、個人では、生活レベルの維持、法人では、福利厚生による節税や資産運用のツールとして、そして、被保険者たる個人には退職、病気及び死亡により保険のニーズは求められています。 そこで、本講では、個人と法人に区分して、保険契約から満期までの会計処理及び税務の留意点を検討し、5月頃に発遣が予定されている通達の検討をします。

1.生命保険の概要
 (1)保険契約の種類と目的  (2)保険の契約変更
2.個人編
 (1)生命保険と所得税  (2)生命保険と相続税・贈与税
 (3)契約の見直し  (4)税務上の裁決・裁判例
3.法人編
 (1)保険契約の目的
 (2)支払保険料の会計処理
 (3)契約の変更と取扱い  (4)受取保険金の帰属年度
 (5)契約の見直し  (6)税務上の裁決・裁判例
4.保険契約利用編
 (1)生命保険利用のメリット・デメリット
 (2)保険を利用した役員退職金の留意点
 (3)投資対象としての生命保険

 

MJSユーザー限定 簡単セミナー申し込み

マイセミナーログイン

TVSまたはGOODWILL PLUSのユーザー限定サービスです。

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • 働き方改革
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 相続
  • 管理会計
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ