受付中

医療機関の税務調査のポイントと対策 事例を中心に

開催日時 2020年05月12日(火)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
安部 勝一 氏
会場 新小倉ビル 2号会議室
〒802-0003
北九州市小倉北区米町2丁目2-1
TEL: 093-521-6369
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 ・九州ミロク会計人会会員
  1人目より:2,778円(税抜) 3,000円(税込)
・MJSユーザー(ミロク会計人会未加入)
  1名:6,945円(税抜) 7,500円(税込)
・上記以外の会計事務所
  1名:8,334円(税抜) 9,000円(税込)
※テキスト代込です。尚、受講料は後日ご請求となります。
 但し、MJS北九州支社に自動振替契約のない場合、当日会場にて承ります
認定 <九州北部税理士会認定研修申請中>
<日本FP協会継続教育単位認定研修(3単位)申請中>
定員 30名
備考 ※税理士会認定は各税理士会での判断により、認定されない場合もございます。
※FP認定は審査基準により、認定されない場合もございます。
担当支社 北九州支社 担当:力丸  TEL:093-521-6369 FAX:093-522-0908

内容

 医療機関の税務調査は毎年増加傾向にあります。先ず税務調査の心得について。
 次に、医療機関が現金取引故に行なわれる特有の税務調査と、収入の把握について解説します。特に、M/S法人を活用している医療法人に対する税務調査では、M/S法人と医療法人との関係がポイントとなります。また、人件費について、開業医の場合は青色事業専従者給与の額、医療法人の場合は役員報酬の額が業務実態に合致しているかが税務上のポイントとなります。
 これらを中心に、開業医・医療法人の税務調査のポイントを解説します。

1.税務調査に対する心得
2.税務調査に対する平素からの準備
3.税務調査の法的根拠
4.税務調査時に備えておく書類
5.病院会計準則の勘定科目別、税務調査のポイントの解説
6.調査事例(判例検討)
7.申告時のチェック項目リスト
8.税務調査に際しての応答心得
9.租税特別措置法第26条の考え方
10.MS法人との取引で税務調査に対応する方法
 

MJSユーザー限定 簡単セミナー申し込み

マイセミナーログイン

TVSまたはGOODWILL PLUSのユーザー限定サービスです。

詳細検索

開催日
開催エリア
カテゴリ
対象
認定
申し込み状況
フリーワード
 
  • 働き方改革
  • 経理 効率化
  • 消費税
  • 相続
  • 管理会計
  • ACELINK
  • MJSLINK
  • Excel

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ