セミナー&研修会

MJSのセミナー研修会は、財務や経営の専門家による実践的な内容となっています。
経理や財務の実務研修から、税理士会認定研修、システム研修まで多彩な内容をご提供しています。

受付終了

居住用財産譲渡の詳解

開催日時 2020年08月20日(木)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
武田 秀和 氏
会場 名古屋ルーセントタワー33階 MJSセミナールーム
〒451-6033
名古屋市西区牛島町6番1号 名古屋ルーセントタワー33階
TEL: 052-955-3690
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 中部ミロク会計人会会員の方:無料
TVSご加入の方:5,000円(税込)
一般の方    :7,000円(税込)
テキスト代    :1,000円(税込)
※テキストのみの販売はしておりません。
認定 名古屋税理士会認定研修
東海税理士会認定研修
日本FP協会継続教育単位認定研修3単位
定員 40名
備考 主催:中部ミロク会計人会 愛知西部地区会
共催:(株)ミロク情報サービス 名古屋支社
担当支社 名古屋支社 担当:大山
TEL:052-955-3690 FAX:052-856-5369

内容

 居住用財産を譲渡した場合の特例は古くからありなじみの深いものです。しかし、現在その特例の数が7つあることをご存知でしょうか。譲渡益譲渡損があった場合に適用する特例が異なります。譲渡益があった場合の特例も複数あり、適用に当たって納税者ごとに適切な選択をしなくてはなりません。居住用財産の譲渡は比較的簡単に申告でき、申告件数は多いようですが、調査割合も高く、控除金額が大きい分否認された場合の税負担も大きくなります。
 このセミナーでは居住用財産を譲渡した場合の特例の概要と誤りやすい適用事例等を解説します。


1.譲渡所得計算の基本知識
① 資産の譲渡の日・取得の日
② 取得費
③ 収入金額・譲渡費用
2.居住用財産を譲渡した場合の特例の種類と適用関係
① 居住用財産の軽課税率の特例 
② 居住用財産の3,000万円控除の特例
③ 特定の居住用財産の買換・交換の特例
④ 居住用財産の譲渡損失の損益通算の特例
⑤ 相続財産の3,000万円控除の特例
 

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ