セミナー&研修会

MJSのセミナー研修会は、財務や経営の専門家による実践的な内容となっています。
経理や財務の実務研修から、税理士会認定研修、システム研修まで多彩な内容をご提供しています。

受付終了

【法人税の基本と原則】 貸倒損失を損金にするには -貸倒損失の課税要件と寄附金課税のあり方-

開催日時 2020年09月10日(木)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
藤井 茂男 氏
会場 コンパルホール 3F 304会議室
〒870-0021
大分市府内町1-5-38
TEL: 097-538-3700
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 ・九州ミロク会計人会会員
  1人目より:3,000円(税込)
・MJSユーザー(ミロク会計人会未加入)
  1名:7,500円(税込)
・上記以外の会計事務所
  1名:9,000円(税込)
※テキスト代込です。尚、受講料は後日ご請求となります。
 但し、MJS大分支社に自動振替契約のない場合、当日会場にて承ります。
認定 <南九州税理士会認定研修(3時間)>
<九州北部税理士会認定研修(3時間)>
<日本FP協会継続教育単位(3単位)>
定員 30名
備考 <主催:九州ミロク会計人会 大分地区会><共催:㈱ミロク情報サービス 大分支社>

※税理士会認定は各税理士会での判断により、認定されない場合もございます。
※FP認定は審査基準により、認定されない場合もございます。
担当支社 株式会社ミロク情報サービス大分支社 担当:原田・後藤
TEL:097-537-0152 FAX:097-536-3177

内容

債権放棄又は貸倒損失処理が損金の額に算入できない理由はなんなのか。税務の取扱いでは、債権放棄を寄附金とし、事実上回収できない貸倒損失処理を厳格に取り扱っています。これらが、損金の額に算入することができる課税要件を検討します。

1.貸倒損失のあり方
2.法人税における貸倒損失
3.法的に消滅した金銭債権
4.事実上の回収不能な金銭債権
5.一定期間取引のない金銭債権
6.債権放棄による金銭債権の消滅
7.債権放棄と寄附金の取扱い
8.貸倒損の判決例

※内容が変更されることがあります。
 

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ