セミナー&研修会

MJSのセミナー研修会は、財務や経営の専門家による実践的な内容となっています。
経理や財務の実務研修から、税理士会認定研修、システム研修まで多彩な内容をご提供しています。

受付終了

法人の解散と清算をめぐる税務 (事例検討と実務編)

開催日時 2020年08月19日(水)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
植田 卓 氏
会場 新宿センタービル48階 MJSセミナールーム
〒163-0648
新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル48階
TEL: 03-5326-0369
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 東京ミロク会計人会:会員無料
TVSご加入の方:5,000円(税込)4,630円(税抜)
一般(上記以外の税理士):6,000円(税込)5,556円(税抜)
※テキストのみの提供はいたしておりません。
認定 <東京税理士会・東京地方税理士会・千葉県税理士会認定研修(3時間)>
<日本FP協会継続教育単位認定(3単位)>
定員 50名
備考 ※定員を超えてのお申し込みが有った場合には、申込締切後に抽選にて選ばせて頂き、当選者には、「受講票」をメールで送らせて頂きます。


※開催日の一週間前に受講票をFAXまたはメールにてお送りします。開催日の前日までに連絡がない場合、送受信エラーの可能性がありますので、恐れ入りますがお問い合わせください。

※今般の新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、研修会を中止もしくは延期させて頂く場合がございます。
中止もしくは延期となった場合は、メール・FAXなどでお知らせいたします。


主催:東京ミロク会計人会 
共催:株式会社ミロク情報サービス 首都圏統括部
担当支社 首都圏統括部 担当:岡川、辛島 TEL:03-3343-5798 FAX:03-3343-5786

内容

法人の解散と清算に関する税法の規定については、会社側の税務と株主側の税務との双方を理解する必要があります。
通常、清算を行うと残余財産の分配が発生しますが、これに伴ってみなし配当が発生します。
このみなし配当の金額の計算は会社の税務上の純資産の状況によって変わり、さらに株主が法人か
個人かによって株主の課税関係が異なることになります。また、繰越利益剰余金がマイナスの場合には、
期限切れ欠損金の活用も重要です。今回は、解散から清算に至る様々なパターン別に具体例を設定し、これらを事例検討方式によって、解散と清算に関する税務計算の流れを確認し、併せてこれらの事例ごとに関連する会社法の規定も確認してまいります。

1.解散を行った場合の事業年度(3事例)
2.残余財産が確定した場合の課税関係
  (3事例)
3.残余財産の一部分配を行った場合の
  課税関係(1事例)
4.期限切れ欠損金がある場合(2事例)
5.解散と清算に関する会社法と税務の概要

※上記の項目は、予告なく変更する場合がございます
 

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ