セミナー&研修会

MJSのセミナー研修会は、財務や経営の専門家による実践的な内容となっています。
経理や財務の実務研修から、税理士会認定研修、システム研修まで多彩な内容をご提供しています。

受付中

【Web】財産評価に関する近年の改正の重要ポイント解説

開催日時 2020年10月27日(火)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
MJS税経システム研究所客員研究員
武田 秀和 先生
会場 Web研修 LIVE配信
〒790-0002
愛媛県松山市二番町3-5-5 松山二番町第一生命ビル2F
TEL: 089-915-0369
カテゴリ 所長・職員研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 会計人会会員:2,200円(税込)
一般:6,600円(税込)
認定 四国税理士会認定研修3時間
日本FP協会継続教育単位認定研修3単位
定員 30名
備考 ※税理士会認定は各税理士会での判断により、認定されない場合もございます。
※FP認定は審査基準により、認定されない場合もございます。
担当支社 松山営業所 担当:金子
TEL:089-915-0369 FAX:089-915-0373

内容

近年、相続税法や財産評価についての改正等が行われています。特定非常災害による被害(昨年の台風19号の被害)を受けた土地建物の課税価額の特例の創設や景観重要建造物である家屋とその敷地の評価などが公表されています。その他にも、相続税は小規模宅地等の特例の改正、財産評価は地積規模の大きな宅地の評価の創設があります。
相続税等を扱う上で見逃しにできない近年の財産評価の改正や留意点を解説します。

1.景観重要建造物である家屋とその敷地の評価
2.歴史的風致形成建造物である家屋とその敷地の評価
3.風景地保護協定が締結されている土地の評価
4.特定非常災害発生日以前に相続等により取得した財産の評価
5.特定非常災害発生日以後に相続等により取得した財産の評価
6.土砂災害特別警戒区域内にある宅地の評価
7.歩道状空地の用に供されている宅地の評価
8.庭内神し及びその敷地の評価
9.地積規模の大きな宅地の評価
10.小規模宅地等の特例の改正
 

かんたんナビ

まずは無料資料請求

お問い合わせ