セミナー&研修会

MJSのセミナー研修会は、財務や経営の専門家による実践的な内容となっています。
経理や財務の実務研修から、税理士会認定研修、システム研修まで多彩な内容をご提供しています。

受付中

調査における双方の主張と結論 -課税庁の主張と納税者の主張の対比-

開催日時 2020年12月03日(木)13:30~16:30
講師 税理士
MJS税経システム研究所 客員研究員
藤井 茂男 氏
会場 前橋テルサ 9階 つつじの間
〒371-0022
前橋市千代田町2-5-1
TEL: 027-231-3211
カテゴリ 所長・職員研修
セミナー形式 集合研修
対象システム
対象 会計事務所様向け
受講料 会計人会会員:1人目 無料
会計人会会員:2人目以降 2,000円(税込)
TVSご加入者:5,000円(税込) 
一般:7,000円(税込) 
※別途テキスト代2,000円(税込)がかかります。
認定 関東信越税理士会認定研修
日本FP協会継続教育単位認定(3単位)
定員 40名
備考 ※税理士会認定は各税理士会での判断により、認定されない場合もございます。
※FP認定は審査基準により、認定されない場合もございます。
担当支社 株式会社ミロク情報サービス 群馬営業所 坂木・高橋
TEL:027-897-3690 FAX:027-897-3691

内容

判決及び裁決における双方の主張を対比することで、調査における争点の対比をイメージすることにより、調査における課税庁の主張及び納税者の主張の参考にします。

1.争点整理表について
2.収益の認識に関する主張
3.事前確定届出給与の損金算入時期
4.不相当高額な給与の比準給与
5.分掌変更における退職の事実
6.横領における損害賠償請求権の計上時期
7.同族会社の行為計算
※内容の一部を変更することがあります。
 

かんたんナビ