荒木 智恵子(あらき ちえこ)/客員研究員

荒木税理士事務所所長、税理士

略歴:
明治大学 大学院 政治経済学研究科 卒業
待山会計事務所に勤務、平成8年税理士登録を経て、現在荒木税理士事務所所長
主な著書等:
『医療機関の税務編』(共著、大蔵財務協会)、『業種別 税務・会計実務処理マニュアル』(共著、新日本法規出版)、『相続税 その時家族はどうする?』(共著、中経出版)、『税務疎明事典《資産税編》』(共著、ぎょうせい)、 『資産税判例研究100選』(共著、ろっぽう新社)、 『租税基本判例80』(共著、日本税務研究センター)、他多数。
このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ▲