小規模事業者向けクラウドサービス

かんたんクラウドとは?

会計ソフトのプロ、(株)ミロク情報サービスが
提供する、会計・給与のクラウドサービスです。

こんなときにはクラウド会計たとえば…

3つのかんたんポイント

ポイント1かんたんスタート

  • 初期費用無料、インストール不要
  • 会計ソフトがはじめてでもわかりやすい操作性

ポイント2かんたん入力

  • FinTech技術を活用し金融機関からデータを自動取得、自動仕訳作成
  • レシート画像を解析して自動仕訳

ポイント3クラウドだからかんたん

  • インターネット環境さえあれば時間や場所を選ばず利用可能
  • 法令改正があっても追加料金なしでアップデート
  • お客様と会計事務所様など複数人での同時操作が可能(3アカウントまで基本料金*)*オプションでアカウント追加可能

業務に合わせて選べるサービス

銀行やクレジットカードのWebサイトから入出金や残高などの取引データを連携し、自動仕訳する機能や、スキャナーなどを使って領収書やレシートを画像化し、そのデータから支払金額や支払先を読み取り、自動仕訳する機能を搭載しています。

『 かんたんクラウド会計 』の機能詳細を見る

分かりやすい画面構成で、給与ソフトの初心者でも直感的に使用できるユーザビリティを備え、給与計算、賞与計算、社会保険、年末調整など、年間を通して給与業務を効率化することができます。

『 かんたんクラウド給与 』の機能詳細を見る

かんたんクラウド会計

1.取引明細連携

金融機関のWebサイトから取引明細を取得して仕訳を作成

銀行やクレジットカードのWebサイトから、取引日、金額、摘要、店舗名を取得し、「仕訳入力」または「出納帳入力」で補足入力を行い、仕訳に連結することができます。

2.レシート取込

データ化した証憑書類から仕訳を作成

レシートの画像データから「日付」「金額」「電話番号」を読み取り自動で仕訳データに変換します。補足情報を入力し、仕訳を完成させます。複数枚のレシートをまとめてスキャンした画像でも、自動分割し仕訳データに変換できます。(30枚まで対応)

さらに「学習機能」「二重取込防止機能」の便利な機能が満載!
摘要文字自動セット機能
  • 取引明細連携では、口座の取引内容を摘要欄に自動表示します。
  • レシートの印刷されている電話番号を読み込み、会社や店舗名を摘要欄に自動表示します。
学習機能
  • 入力で補完した科目や消費税コード、摘要文字の仕訳パターンを学習し辞書化します。
  • 仕訳作成時に類似仕訳が自動入力されます。
  • 学習した仕訳パターンが複数ある場合は、仕訳作成時に仕訳辞書画面が表示されます。
二重取込防止機能
  • 同一仕訳の重複作成を防止します。
  • 「日付」「貸借科目」「金額」をキーに、入力済みの仕訳データと照合します。重複している可能性のあるものをチェックして、二重取込の警告を表示します。
  • 学習した仕訳パターンが複数ある場合は、仕訳作成時に仕訳辞書画面が表示されます。

3.検証

日次集計・月次集計

科目別発生金額、残高を画面等で確認ができます。
「日別残」「残高試算表」などを表示し、入力に誤りがないかチェックします。

  • 日計表
    日計表
  • 元帳
    元帳
  • 残高試算表 → 内訳表示
    残高試算表 → 内訳表示

    科目に、科目別や取引先などの補助を採用している場合、その内訳を表示

4.出力帳票一覧

検証
  • 日別残
  • 日計表
  • 当年推移
  • 科目別集計表
  • 残高試算表
  • 要約財務
  • 比較損益計算書
  • 元帳
帳簿
  • 仕訳日記帳
  • 総勘定元帳
  • 科目別補助元帳
管理表
  • 財務報告書
  • 推移財務報告書
  • 科目残高一覧
  • 補助残高一覧
  • 摘要残高一覧

かんたんクラウド給与

1.給与/賞与

勤怠・支給・控除の分類ごとに標準的な明細項目はあらかじめ登録されています。
社員登録の支払形態や基本給などの情報を元にして、それぞれの支給項目の金額や保険料・所得税など控除項目の金額を自動で計算します。

データ仕様
  • 支払回数:給与年12回/賞与年6回
  • 支払形態:月給制/日給月給制/日給制/時給制
  • 振込口座数:1社員3行まで
  • 社員数:50名まで
明細書項目数
  • 勤怠項目:最大13
  • 給与項目:支給24 / 控除16
  • 賞与項目:支給24 / 控除16
明細書

明細書の支給、控除、勤怠の印字位置の変更はできません。項目名を変更することができます。

集計表

各種管理表、給与振込依頼書、全銀協振込データの作成が可能です。

社会保険

新しい保険料の徴収時期には改定更新を行い社員情報の保険料を更新します。

2.システム構成

社員
  • 社員登録
  • 有給休暇
賞与処理
  • 賞与明細書入力
  • 賞与明細集計表
  • 賞与振込処理
  • 賞与金種表
  • 賞与支払届用資料
登録
  • 会社基本情報登録
  • 部署
  • 金融機関
  • 依頼先銀行口座
  • 市区町村
  • 明細書設定
給与処理
  • 給与明細書入力
  • 給与明細集計表
  • 給与振込処理
  • 給与金種表
  • 住民税集計表
  • 源泉徴収税集計表
  • 賃金台帳
社会保険
  • 算定基礎届
  • 月額変更届
  • 保険料変更通知書
  • 労働保険年度更新用資料
更新・その他
  • 給与賞与確定
  • 給与データ取込

お申し込み かんたん3ステップ!

  1. ステップ1

    bizskyアカウントを
    作成

    まずはMJSのクラウドプラットフォームであるbizskyに登録します。

  2. ステップ2

    かんたんクラウド
    マイページへログイン

    bizskyアカウントを使ってかんたんクラウドマイページへログインします。

  3. ステップ3

    サービス/プランを
    選択して申し込み

    マイページからご希望のサービス/プランを選択してかんたんクラウドサービスへ申し込みます。

選べるプラン

3ヶ月無料プラン 有料プラン Basic
(ベーシック)
かんたんクラウド会計
月額プラン 0

お申込日から、3ヶ月間無料となります。

1,800円/月
お得な年額プラン 18,000円/年

月額プランより3,600円お得です

アカウント追加(4アカウント目以降) 200円/月
かんたんクラウド給与
月額プラン 0

お申込日から、3ヶ月間無料となります。

1,800円/月
お得な年額プラン 18,000円/年

月額プランより3,600円お得です

アカウント追加(4アカウント目以降) 200円/月
かんたんクラウド
サポート
メールサポート
チャットサポート
オンラインサポート オプション 300円/月
電話サポート

※ 表示価格は全て税別となります

【3ヶ月無料プラン】

  • 有料プランへの移行にはお申し込みが必要です。
  • 無料プランの期間3ヶ月の満了を待たずに、有料プランの申し込みを行った場合、無料期間が短縮されますのでご注意ください。
  • 無料プランで利用していたデータは、有料プランに移行後も引き続きご利用いただけます。

【有料プラン Basic(ベーシック)】

  • 有料プランの申し込みを行った場合は、クレジットカード決済処理を行うと同時に、翌1ヶ月分が即日決済されます。
ご不明点・ご質問など
お気軽にお問い合わせください!

動作環境

ブラウザー Internet Explorer11、Google Chrome、Microsoft Edge、Firefox
※最新バージョンをご利用ください。
※タブレットに関してはGoogle Chromeのみ
ディスプレイ解像度 1280×768 以上
メモリ 2GB 以上
PDFビューアー Adobe Acrobat Reader 推奨
※ブラウザーの機能としてのPDFビューアーを使用すると正しく出力されない場合があります。
タブレット iOS10以上、Android4.4以上
※一部、操作制限があります。

サービスレベルとセキュリティ

利用時間 24時間365日
(日曜日0:00 ~ 6:00 は、定期メンテナンスのためかんたんクラウド はご利用になれません)
通信プロトコル HTTPSによる暗号化通信
Webシステムの安全性 Web Application Firewall(WAF)
Microsoft Azure プラットフォームによる安全性の維持
データ管理 Microsoft Azure プラットフォームによる多重管理
稼働監視 サービスの稼働状況を24 時間監視します。
  • 本製品のご利用には、インターネット環境が必要です。
  • ブラウザーは最新バージョンの使用を推奨します。
  • 記載された内容および製品の仕様は予告なく変更することがあります。

MJSについて

ミロク情報サービスは
「財務および経営情報サービスの専門企業」
として創業した財務のプロです。

財務システムの販売だけでなく、情報セキュリティや災害対策などを含め、
システムが正常に機能し業務改善する環境づくりを総合的に支援しております。

財務システムの導入実績

*2 2009~2017年中堅・中小企業向け(年商50億円未満)財務・会計管理ソリューションライセンス売上高
エンドユーザ渡し価格ベース 株式会社矢野経済研究所調べ 2017年12月現在